読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

来たぞ!プレーオフ圏内!デポルティボ・ファブリルの上昇と注目すべき選手。

Foto; La Voz de Galícia.
Tercera Division第31節が行われ、デポルティボ・ファブリルはバルバダスに対して4−0の快勝を収めた。

来たぞ!プレーオフ圏内

デポルティボ・ファブリルは今季、セグンダディビジョンBへの昇格を目指しており、今節の勝利により、昇格プレーオフ圏内の4位に順位を上げた。
第29節のバルコ戦にてフエラで2-3の健闘を見せたものの勝利を逃していたが、第30節リバドゥミア戦のフエラの試合で勝利収める。そして、今節の勝利で2連勝!
勝ち点を51に積み重ねたことで4位に浮上したものの、5位のラピド・ボウザスが勝ち点49
というギリギリの戦いだ。そして、残りは7節。少しでも順位を上げてプレーオフ圏内死守、そして、優勝まで持って行きたい。ちなみに、1位のボイロとの勝ち点差は7とまだまだ優勝の可能性は残っている。
 

快進撃の原動力は攻撃陣

このデポルティボ・ファブリルの躍進を支えているのは、強力な得点力にある。
チーム内に2桁得点を挙げている選手が3選手いる。
セントロ・カンピスタスのコロンビア人選手のオテロ(10得点)バルセロナカンテラから来たレックス・コレーデラ(10得点)、そして、オスカル・ガルシア"ピンチ"である。
 

チーム得点王はオスカル・ガルシア"ピンチ"

今季の攻撃陣を支えるのはチーム得点王のオスカル・ガルシア"ピンチ"だ。
20歳の若きストライカーは今季18得点を挙げており、リーグでもトップタイに位置している。
アベゴンドで行われたラシン・ビジャルベス戦ではハットトリックを達成もしている。
ちなみに、本名はオスカル・フランシスコ・ガルシア・キンテーロ(Óscar Francisco García Quintelo) であり、ピンチ(Pinchi)はニックネームである。ピンチの名は彼の父が付けたと本人も言っている。
 
注目しておいて良いデポルティボの若手有望株であることは間違いない。是非とも、名前を覚えておいてほしい。
 
 
広告を非表示にする