DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

デポルティボ・ラ・コルーニャ 女子チーム(フェメニーナ)発足プロジェクトを締結。

参照: http://www.laopinioncoruna.es/deportivo/2016/03/16/tino-fernandez-sabado-hay-morir/1051486
3月16日、デポルティボ・ラ・コルーニャの会長であるティノ・フェルナンデス氏が女子チーム発足プロジェクトを発表した。

ア・コルーニャには2つの女子チームが存在

まず、確認しておきたいのは女子チームの存在である。現在、ラ・リーガ・フェメニーナ(La Liga Femenina)の2部にあたるセグンダ・ディビジョンではア・コルーニャのチームが2クラブ在籍している。
セグンダ・ディビジョングループ1のカテゴリーとなるガリシア州ア・コルーニャからはSD OrzánとVictoria CFが所属している。
つまり、デポルティボ直下には現在、女子チームは存在しない。
 

SD Orzánとクラブ間での協力を締結

ティノ・フェルナンデス会長は水曜日のアベゴンドにて、コルーニャのチームの1つであるSD Orzánと女子チーム発足プロジェクトのクラブ間協力を発表した。(SD Orzánのホームページにはすでに、デポルティボのエンブレムが記載されている。)
ティノ・フェルナンデス氏は会長選挙の公約の一つに女子チーム発足の考えを示していた。 

deportivolcjapan.hatenablog.jp

遂に実現に向けて動き出したことになる!

Orzánの会長であるファン・マヌエル・エイラス氏と共に詳細も発表した。
 

契約期間は3年間。2つのチームを持ちたい考え

SD Orzán とは3年間の契約を発表。ほぼゼロからのスタートになる為に技術的な要素や選手のスカウトのことなどをサポートするようだ。将来はユースチームを持つまでに成長したい考え。
ティノ・フェルナンデス会長はセグンダ・ディビジョンとプリメーラ・ディビジョン・ガリシアの2つのカテゴリーで2つのチームから女子チームの発足をする。セグンダ・ディビジョンのカテゴリの女子チームに関しては、来季からの新規参入を目指す。
ちなみに、現在のコーチであるディエゴ・フェルナンデス氏かイアゴ・イグレシアス氏がチーム発足の帯同する予定。女子チームがアベゴンドで試合を行うのか等、まだ不明な点が多い。
 

ティノ会長「コルーニャの街で女子チームの立ち上げの希望を感じている。」

ティノ・フェルナンデス会長は会見でこう述べています。
「この計画はフェメニーナセクションにプロ女子チームを追加することです。私たちは、コルーニャの街でこの計画を立ち上げる希望を感じています。女子チームが大きくなる確信があります。
我々は誰かに対して競合したいわけではありません。若者が辿り着く場所を作りたいのです。その為にはサポートとリソースが必要です。男の子達をサポートするだけはなく、女の子達もサポートしたいと願っています。
 

エイラス会長「契約の締結は女子サッカーの為の大きなステップになる。」

デポルティボとの締結に関して、SD Orzán 会長は会見でこう述べています。
「これは私たちが見落としていた締結でした。女の子の為に私達はデポルティボという大きな存在のリソースを活用して盛り上げていくことになるでしょう。これは女子サッカーの為の大きなステップとなると思います。」
 

第2のデポルティボ女子チーム発足はまだ始まったばかり

女子チーム発足はまだ始まったばかりである。1980年代にKarbo Deportivoという女子チームがデポルティボには存在しており、その当時以来の2つ目の女子チーム発足である。
来季のセグンダ・ディビジョン参入に向け、私たちサポーターも動向を見守り、そして応援していきたいものだ。
 
 

 
参照記事: 
 
 
 
広告を非表示にする