DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

Liga BBVA 第5節 Deportivo la coruña - Sevilla


Liga BBVA 第5節 2012.9.24 21:30-(日本時間28:30-)


なんとも不運だった。両者とも譲らない試合内容だったが、残り10分ほどが明暗を分けた。結局、セビージャが0-2とフエラのプレッシャーをもろともせず勝利デポルティボは今季初黒星。

前節に鼻を骨折したリキはマスクを装着して出場。精彩を欠くことなくサイドに流れる動作、
ポストプレーと随所にトップの役割を発揮したが、今節は前を向いて攻撃する動きが少なかったように思える。


冒頭にも話した不運なことは何か。主に2つであることごとくデポルティボのシュートが惜しいという攻撃で終わってしまったことだ。攻守でバランスを取り今節もMVP級の活躍を見せたアベル・アギラルミドルシュートクロスバー。FKからのクロスで合わせたアイタミがあと少し触っていればという惜しいチャンスを作り出していた。
だが、惜しいはいらない。ことごとく決めれないデポルティボに対してセビージャはネグレドのゴールで先制。クロスへの反応が鈍ったのは後半75分という疲れが出てきた時間帯だからか。

そして、2つ目はマルチェナのバックパスをもらったアランスビアが1度蹴りだそうと放った瞬間に、詰めていたラキティッチに不運にも当たって追加点を献上してしまったこと。決まった瞬間、アランスビアは茫然としてしまった。こればかりは仕方ない。前を向こう。


そんな中、輝いたのはアベル・アギラルやバレロンか。ドリブルをするでもなく、でも彼の所にボールは集まるバレロンの求心力。そして、彼の足から放たれる鋭くも正確なパスは今節も健在だった。彼は今節で299試合出場という快挙。次節、出場するとなれば300試合を達成する。


Goles:  (0-1)ネグレド 75 ; (0-2)ラキティッチ 84

Deportivo la coruna: アランスビア、マヌエル・パブロ、エバウド、アイタミ、マルチェナアベル・アギラル、ファン・ドミンゲス (82" アンドレ・サントス)、ブルーノ・ガマ、ピッツィ 、バレロン (77" カムニャス) 、リキ (60" ネルソン・オリベイラ)

Sevilla: パロップシシーニョ、スパイッチ、ボティア、ナバーロ、メデル、マドゥーロ (79"カンパーニャ)、ラキティッチ (87"コンドグビア)、トロチョウスキ  (73"マヌ・デル・モラル)、ナバス、ネグレド 

Amarilla: なし

Árbitro: ホセ・ルイス・ゴンザレス

Estadio: リアソール(28000人)


ハイライト:

Deportivo Coruña 0 Sevilla 2 投稿者 jordixana


第5節のMVP投票を行っています。右サイドバーに投票所を掲載しております。締め切りは次節が始まるまでです。よろしくお願い致します。

Fotos: La Vos de Galicia

広告を非表示にする