DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

Liga BBVA 第2節 Valencia - Deportivo la coruna

Liga BBVA 第2節 2012.8.26 23:00-(日本時間30:00-)

バレンシア 3-3 デポルティボ・ラ・コルーニャ

得点(Goles): 
Vale ロベルト・ソルダード 11 
Vale ロベルトソルダード 28 
Depor アベル・アギラル 38(今季初ゴール) 
Vale ソフィアン・フェグリ 40 
Depor アベル・アギラル 51 
Depor ピッツィ(PK) 74(今季初ゴール)

Valencia:
ディエゴ・アウベス
ジョアオ・ペレイラ
ヴィクトル・ルイス
リカルド・コスタ
マテュー (69"ベルナト)
フェグリ
ガゴ (37"ダニ・パレホ)
ティノ・コスタ
グアルダド
ジョナス (76"ラミ)  
ソルダード

Deportivo la coruna:
アランスビア (46"ルクス)
マヌエル・パブロ
エバウド
アイタミ
マルチェナ
アベル・アギラル
ファン・ドミンゲス
ブルーノ・ガマ
ピッツィ 
バレロン (58"ネルソン・オリベイラ)
リキ (80"カムニャス)

イエローカード(Amarilla):
マルチェナ 1枚
ネルソン 1枚


今朝、WOWOWでも再放送があったようで(管理人はWOWOWには未加入)、観戦された方も多かったと思います。 デポルティボは早くも山場であるバレンシア戦を迎えました。相手は強豪であり、しかもメスタージャという完全なるアウェイの空気の中、よくやってくれました。 デポルティボはよく勝ち点を持って帰ってくれました。
試合は相手のペース。前半はほとんどそうでした。 この試合、ジョナスとソルダードがキレキレで、いきなり裏をつかれたアイタミがソルダードに突破され先制点を献上。 さらにデポルティビスタも認めるバレンシアの素晴らしいパスワークからソルダードのバイシクルが決まり2点目。もうこれはゴラッソでした。関心しました。

 
デポルはそれでも試合を諦めてはいけません。試合は何が起こるか分かりません。
この試合もガマとピッツィの両サイドがバレンシアディフェンスを翻弄していたことは間違いない。 特にピッツィは終始バレンシアディフェンスを切り裂くようなドリブル突破からチャンスを導いてくれた。 
デポルティボはCKのこぼれ球に反応したアベル・アギラルのゴールでまずは1点を返す。 前の試合も陰ながらチームを支えていた男がここでチームの為に更に奮起。 しかし、その奮起もむなしくエバウドが完全に裏をつかれフェグリに失点を許す。 3-1というスコア。非常に後味の悪い前半が終了。


後半。デポルはアランスビアに代わりルクスを投入。 少し調子が良くなかったアランスビア。ルクス投入で守備に安定感が増す。 
「前半で諦めてはいけないと思った』とアベル・アギラルは試合後の会見で言い放った。
2点差の中、デポルティボはここから猛反撃を見せるのです。 
アベル・アギラルとコンビを組むドミンゲスが51分、サイドからアベル・アギラルのヒールでのゴールをアシスト。アベル・アギラルのはこの試合2点目。 

それで勢いがついたデポルティボはネルソンを投入。2トップのフォーメーションで戦います。
攻撃が止まらないデポルに相手がファール。2枚目のアマリージャを貰い退場。バレンシアは10人になる。 
この試合、審判にも正直助けられた。あまり審判のファール取りでの勝利は嬉しくないのだが、デポルティボペナルティエリアで倒されPKを獲得。
キッカーはピッツィ。 これをしっかりと決めてまさかの同点!! 同点劇にデポルティビスタは沸きます!

反撃はここまでだったものの、メスタージャで勝ち点1を獲得しました。

次節はヘタフェ戦。第2節でレアル・マドリーを粉砕した勢いは脅威ですが、リアソールでの試合負けません。

ハイライト:

VALENCIA 3 DEPORTIVO 3 投稿者 acosart
http://www.dailymotion.com/video/xt398n_valencia-3-deportivo-3_sport





広告を非表示にする