DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

6月30日締め切り


日曜日6月30日はレンタルで獲得した選手たちの契約が切れる日。

今季も夏に選手たちをレンタルで獲得したデポルティボは多くの選手をまた手放すことになるだろう。

リキ:退団表明をしていた彼は先日、3年契約でグラナダに移籍。

ルクス、カカ:移籍市場をにぎわしているアランスビアと移籍の可能性が出てきているアイタミの代替として、ルクスと冬にヴィデオドンからレンタルで獲得したカカの2選手に契約延長を提示している模様。確実なスタメン定着を示唆しているバスケス監督だが彼らの答えは?

バレロン:彼もリキと同じように退団表明をしたデポルティボの伝説的な選手だ。あの会見後、ほとんど公の場に出ていない為に彼の去就は今のところ不明のままだ。

マルチェナ:30試合出場でもう1年の契約更新という条件があった。しかし、30試合出場目前で彼は怪我を負ってしまった。しかし、新しい契約締結にフロントは熱心なものの彼からは何も発言がない。今のところ去就は不明。

ヘスス・バスケスデポルティボでは怪我も負い、回復するも出場機会がほとんど与えられなかった。不遇の時期を過ごした彼は古巣レクレアティボに復帰するだろう。

アベル・アギラルエルクレスからレンタルしている選手は来季はデポルティボにもエルクレスにも居ないとのこと。彼はプリメーラでのプレーを望んでいるので、イングランドやスペインのクラブからオファーを受け取っている模様。

シルビオ:終盤で不動の左ラテラルへと成長したもののレンタルバックされる。古巣のアトレティコの構想には彼が入っておらず、ポルトガルベンフィカスポルティングへの移籍が噂される。

ピッツィ:自身のインスタグラムでもデポルティボに別れを告げている。ソシエダアトレティコ、セビージャが興味を示している。

サロマオ:彼自身はデポルティボに残りたいと発言してくれた。ありがたい。しかし、彼はスポルティングへ戻る指示が下っている。フロントが再度、交渉するかは今のところ分からない。

ネルソン・オリベイラ:彼も来季はデポルティボに居ない。ラージョがアプローチをかけているとのことだが、彼の去就はまだ決まっていない。

エバウドアンドレ・サントス:この2選手は7月1日からレンタル期間を終え、スポルティングに帰ることになるだろう。

カムニャス:レンタル期間を終え、ビジャレアルに復帰すると思われたがビジャレアルも彼との契約は更新しない模様。完全にフリーエージェントになる可能性が高い。





広告を非表示にする