DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

18回目のチャンピオン / Trofeo de Teresa Herrera Final.Deportivo la Coruña - Sporting Gijon


¡Campión do Teresa Herrera!
2014.8.10 20:30-(27:30-/JP) Riazor(15000人)
テレサ・エレーラ杯の決勝でデポルティボスポルティング・ヒホンを1-0で破り、18回目の優勝を果たした。おめでとう!!
得点は相手のオウンゴールだったものの、守備陣が踏ん張り無失点で勝利を勝ち取った。


今回のテレサ・エレーラ杯では幾つかデポルヒボにとって良い発見があった。

・ 新加入選手の活躍
前線の攻撃陣がなかなか爆発力を持てない中、強力なサイドからの駆け上がりを見せるカバレイロ、メディア・プンタの位置から多彩なパスとドリブルで準決勝に活躍を見せたファリーニャ、ファン・ドミンゲスやウィルクとの相性が良く中盤の新たなスタメン候補に名乗りを上げたホセ・ロドリゲスの3選手は良い補強だったということを私たちに確信させた。

・ アレックス・ベルガンティニョスのデフェンサ起用
昨季の終盤から少しずつ本格的に使われたアレックス・ベルガンティニョスのデフェンサ・セントロの起用は正解だったと言える。元々、守備意識も高くチームのバランスを取れる選手なだけに的確だったのかもしれない。そこに経験という実績がプラスされ、今季少し戦力の弱い守備に厚みをもたらした。


・ 若手選手の積極的起用
デポルティボ・ファブリルの選手をしっかりと使うという監督意識が試合に非常に窺えた。
昨季のファブリルで有望株に育った左サイドのレメセイロや守備の新しい若手として決勝でも88分から途中出場を果たしているイアゴ・ロペスは、今後の成長が楽しみである。


3位決定戦がこの試合の前に行われ、スポルティング・リスボンがナシオナルに2-0で勝利し3位を獲得した。

順位結果は、
4位: ナシオナル・デ・モンテビデオ
となった。

Deportivo la Coruña  ファブリシオマヌエル・パブロ(29' ラウレ)、ロポ(46' インスア)、アレックス・ベルガンティニョス、カネジャ(46' ルイシーニョ)(88' イアゴ・ロペス)、ウィルク、ホセ・ロドリゲス、クエンカ(61' ルーカス・ペレス)、カバレイロ(46' ファリーニャ)、ファン・カルロス(72' ファン・ドミンゲス)、ボルハ・バストン

Sporting de Gijon クエジャール、ロラ、フリオ(61' ルイス・エルナンデス)、イバン・エルナンデス、アレックス・メンデス(46' パブロ・ペレス)、セルヒオ・アルバレス(61' カルロス・カストロ)、ナチョ・カセス、ハラ、セラーノ(46' イスマ・ロペス)、ブストス(71' シュセポビッチ)、ゲレーロ(61' バレーラ)

Goles:
(1-0) セラーノ 46'(オウンゴール

Tarjeta Amarilla:
ルイシーニョ

Tarjeta Roja:
なし


マヌエル・パブロがハムストリングにより途中交代となっている。


広告を非表示にする