読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

理由はいらない。ただライバルに勝つだけだ。/LIGA BBVA 第31節セルタ戦(ガリシアダービー)招集メンバー

Foto: La Opinion Crouña
2016年4月2日 現地時間22:05-(日本時間 29:05-) バライードス

セルタに勝利するだけ

ついに、今季最後のガリシアダービーがやってくる。因縁の対決、仲の良さはいらない。敵意剥き出しでライバルチームを叩きに行く。

 

場所はフエラの地バライードス。最高の舞台である。敵地で快勝し今季のガリシアダービーを完全勝利で収めたい!

 

過去を振り返るとバライードスでの勝利を収めた記憶に残る試合は数試合ある。
2012年4月5日、セグンダディビジョンでのガリシアダービーでは2-3でデポルティボが勝利を収めた。後半ロスタイムにパワープレーに出たデポルティボがボルハ・フェルナンデスのカベサでゴールネットを揺らした!
 
2005年12月17日の試合ではトリスタン、バレロンカプデビラのゴールで0-3の快勝を果たし、更に2004年1月3日は0-5という歴史的な大勝利を収めた。
 
その試合では、アルベルト・ルケやトリスタンのゴールもあったのだが、やはり衝撃的なのはビクトル・サンチェスのハットトリックだろう。
そう、デポルティボ監督のビクトル・サンチェス氏である。
選手時代に良い思い出のあるビクトル・サンチェス監督は、今節の試合でその思い出を更にアップデートしたいだろう。
 
今季、デポルティボルーカス・ペレス、ペドロ・モスケラにとっては幼い頃に選手として活躍する夢を見た試合である。故郷のチームが敵地で勝利を収める為に全力でチームへ貢献したいところ。もちろん、他の選手も同様の気持ちである。 

deportivolcjapan.hatenablog.jp

 

チームの連勝と少しでも順位を上げること、そして、ライバルチームに勝つという栄光の為に全力で試合を迎える!

 
Foto: La Opinion Crouña

招集メンバー

Porteros:
ヘルマン・ポルトゥ・ルクス
マヌ・フェルナンデス
ダビド・ゴメス
 
Defensas:
フェルナンド・ナバーロ
ファンフラン・モレーノ
シドネイ・レチェル
ルイシーニョ
アレハンドロ・アリーバス
ラウレアーノ・サナブリア
アルベルト・ロポ
 
Centrocampistas: 
レックス・ベルガンティニョス
ペドロ・モスケラ
カニ
ルイス・アルベルト
ファイサル・ファジル
フェデ・カルタビア
セルソ・ボルヘス

Delantero: 
ルーカス・ペレス
オリオル・リエラ
 

ガリシアダービーに臨むメンバーはこのようになった。

何よりも朗報なのはシドネイ・レチェルの復帰だろう。前半戦の強固な守備を支えた選手が帰ってきたことが何よりも嬉しい。彼の復帰はチーム全体を盛り上げることだろう。

ホナス・グティエレスは招集外となったが、残りは前節と同じメンバーである。ベストメンバーで敵地に乗り込む!

これまでの通算成績:

112試合、デポルティーボ42勝、26分、セルタ44勝

 
 
広告を非表示にする