DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

1点が限界。/LIGA BBVA第26節 Deportivo la coruña - Rayo Vallecano

uno punto es un límite.

LIGA BBVA第26節 Deportivo la coruña - Rayo Vallecano

リアソールで行われたラージョ・バジェカーノ戦は引き分けに終わりました。スコアレスドローで終わったのが16節のバジャドリド戦以来。久しぶりに勝ち点を手に入れた。

しかし、1点だけだ。1点が限界なのか?

前半は完全にフエラのラージョペース。リアソールは終始沈黙。相手の攻撃の核であるラスやレオにばかりチャンスを作られる始末。負傷したカカに代わりスタメン復帰したゼ・カストロも今季の低調なパフォーマンスをばかりを露呈した。
前半の感想は無いに等しかった。
リキが右足の負傷により20分でサロマオと交代してしまう始末。


後半、気持ちを入れ替えたのかデポルティボは本来の力を出し始める。
果敢にゴールを狙う為にアベル・アギラルやサロマオが存在感を魅せる。
バレロンのパスが93%成功率を誇ったこの試合。バレロンのパスからサイドを崩しサロマオがチャンスを作るも枠にはいかない。デランテロに入ったピッツィが囮となり何度もラージョゴールに襲い掛かるも1点が遠かった。
しかも、マルチェナが2枚目のアマリージャを貰い退場へ。次節へかなりの不安材料となった。


リアソール2連戦というチャンスに勝ち点1しか獲得できなかったのは非常に残念である。
浮上のきっかけは少しずつ見えてきたが、19位マジョルカが勝ったためにマジョルカとの勝ち点差は4と広がった。
次節はカンプノウでのバルセロナ戦。強敵であるが諦めることはしてはいけない。まだ終わっていない。自分たちで終了宣言はしないでほしいと思う。



Goles: なし


Deportivo la coruna: アランスビア、シルビオ、アヨセ、ゼ・カストロマルチェナ、パウロ・アスンソン(66" ファン・ドミンゲス)、アベル・アギラル、ブルーノ・ガマ(78" ネルソン・オリベイラ)、バレロン、ピッツィ、リキ(20" サロマオ)

Rayo vallecano: ルベン、ティト、ガルベス、アマト、カサド、トラショス、ハビ・フエゴ(82" アドリアン)、ピティ、チョリ・ドミンゲス(74" デリバシッチ)、ラス、レオ・バプティスタ(69" ホセ・カルロス)


Amarilla: アヨセ・ディアス(今季4枚目)、ピッツィ(今季5枚目)、アベル・アギラル(今季9枚目)

Roja: 

Árbitro: エルナンデスエルナンデス

Estadio:  リアソール(28000人)

Foto: la vos de galicia






広告を非表示にする