読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

革命は新たな力をもたらした。/ LIGA BBVA第8節 Deportivo la Coruña - Valencia CF

Foto: La Opinion Coruña
La revolución introdujo una nueva potencia

2014.10.19 17:00-(24:00-/JP) Riazor(21908人)
Foto: La Vos de Galicia
これだから、私はデポルティボをやめられない。こんなサプライズがあるからサッカーは面白い! そう言える試合だった。今季絶好調で無敗をキープしていたバレンシアに黒星をつけたのは、最下位のデポルティボだった。しかも、嬉しいことに無失点。選手達、監督共に自信を取り戻した。

試合序盤から積極的に動き回るデポルティボ。特にトップの位置での初スタメンを張ったカバレイロは縦横無尽に動きまわった。時には2列目に居るファリーニャ、クエンカ、ルーカス・ペレスとポジションを変えながら相手をかく乱させていた。軽快な動きを見せたのはメディアプンタのファリーニャとエストレーモイスキエルドのルーカス・ペレスだった。ファリーニャは終始、持ち前のテクニックを見せ続け、味方選手とのリズムの良いパス交換から何度も決定的なチャンスを作り出していた。
その良いリズムをファールでしか止めることが出来なかったバレンシアは、自陣ゴール前でファールを与える。そのフリーキックをメジュニャニンが鋭い弾道で狙うも、惜しくもクロスバーと相手ポルテーロのジョエルに当たる。

流れはデポルティボに来ていた。フリーキックからのコーナーをデポルティボが獲得。そのコーナーからシドネイがカベサで狙う。そのシュートはバレンシアの選手に当たりながらゴールへと吸い込まれた! すぐにバレンシアのガジャやムスタフィはかき出すもゴールラインを割っていたという判定!
まさかのオウンゴールデポルティボが先制する!
Foto: La Opinion Coruña
その後も流れはデポルティボのまま。後方からのフィードをカバレイロがカベサで後ろに逸らしながらボールを前に送る。その送られたボールに反応し走りこんでいたのは、この試合チャンスを作っていたルーカス・ペレス。ボールを受け取るとそのまま一気にドリブル。そして角度の無い所からグラウンダーのシュート!! ボールは綺麗に逆サイドのネットに吸い込まれた!! まさにゴラッソ!
2点目!!歓喜のリアソール。地元ア・コルーニャ出身の選手が苦しむデポルティボを救う追加点!!
デポルティビスタが待っていた男が充分な結果を残した。

Foto: La Opinion Coruña
後半に入りバレンシアもこのままでは終わらないとフェグリやヒルを投入。フェグリのドリブルがかなり効果的に効き、何度かゴールを脅かされるもバレンシアは決められず。

決められないバレンシアデポルティボが追い打ちをかける。ホセ・ロドリゲスがボールをインターセプトしてそのまま前線へスルーパス。それに反応して走りこんだトチェがポルテーロと1対1をしっかりと決めて駄目押しの3点目!試合は決まった!
終始、自分達のサッカーを披露し試合を運んだデポルティボが好調のバレンシアに快勝した。

私は今節の注目点は2点あると見ている。

まず守備の改善が見られたことだろう。怪我から復帰したインスアがカピタンとしてしっかりと守備を統率。コンビを組むシドネイも守備への不安が若干あったものの、今節は気になるような場面も無かった。守備への意識がチーム全体にしっかりと構築されており、バレンシアの攻撃対策への準備がしっかりと出来ていた。だからこそ、相手のエースであるパコを封じ込めることが出来たのだと思う。

2点目は新戦力が結果を出したことだ。今季初出場や初スタメンの選手が今までのスタメン候補の選手を脅かすような活躍を見せたことで、これからチームとして切磋琢磨出来る環境が出来つつあると言えだろう。特にファブリシオ、ルーカス・ペレス、ウィルクは非常に良い働きを見せた。地味ながらウィルクはメジュニャニンの影で相手の攻撃の眼を地道に潰していた。
それから、交代出場ではあるがファン・カルロスが試合に出場したことの意味は大きい。チーム全体で上を目指していこうという意識の表れではないだろうか。戦力外選手を少なくしていく動きを見せたビクトル・フェルナンデス監督の思考の変化はこの試合で良い結果をもたらした。ファン・カルロス自身は良い結果を残してはいないものの、これからも何度か試合で起用されることだろう。干されていた男が活躍する時、またチームは更に1段階上へと成長出来ているはずだ。

次節はフエラでのエスパニョール戦。エスパニョールの監督は、元デポルティボの名選手であるセルヒオ・ゴンサレスである。勝ち点差は2と逆転を狙える。
大事なのは次からの試合である。この試合がただのサプライズや奇跡と言われない為にも、次節以降に勝ち続けることが重要である。リーグはまだ終わっていない。


Deportivo la Coruña  ファブリシオファンフラン、シドネイ、インスア、ルイシーニョ、ウィルク、メジュニャニン、ルーカス・ペレス(57' ファン・カルロス)、クエンカ(79' ホセ・ロドリゲス)、ファリーニャ、カバレイロ(62' ホセ・ベルドゥ・トチェ)

Valencia CF ジョエル、オタメンディ、バラガン、ムスタフィ、ガジャ、フィリペ・アウグスト(46' ソフィアン・フェグリ)、ダニ・パレホ、ハビ・フエゴ(77' デ・パウル)、ピアッティ(46' カルレス・ヒル)、ロドリゴ、パコ・アルカセル

Goles:
(1-0) ホセ・ルイス・ガジャ 36'(OG)
(2-0) ルーカス・ペレス 43'(今季初得点)
(3-0) ホセ・ベルドゥ・トチェ 80' (今季2点目)

Tarjeta Amarilla:
ファリーニャ(初)
ファンフラン(初)
トチェ(初)
ホセ・ロドリゲス(3枚目)

Tarjeta Roja:
なし

日本人デポルファンの喜びの声が多数。嬉しい限りです!!





広告を非表示にする