DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

選手たちが鳴らす警鐘。


緊迫した状況である。クラブ内部は混乱し、選手たちは遂に怒りを露わにした。

7月31日が締め切りである2日前の昨日、デポルティボの管理している関連会社は賃金未払いのケースをまだ解決していない。彼らはその解決を求めています。

会見を行ったのは5人の選手である。クラブのキャプテンを含むアランスビア、ファン・ドミンゲス、マヌエル・パブロ、ラウレ、アレックスである。

月曜日のトレーニング前に管理者や裁判官は彼らに選手協会の弁護士と話をしたが、いかなる合意もなかったことを発表した。
それを聞いた選手達は溜まっていた怒りをがあったのだろう、クラブと裁判官の管理者は彼らと会合をする予定を立てていたが、選手らがそれを拒否。緊急の会見を開く流れとなった。


選手らは2つのことを発表した。

・ 今ではお金を受け取ることよりも、今後100%給与が支払われる保証制度を望むこと

・ 水曜の午前のトレーニング前までに改善されない場合は、水曜日の親善試合(アロウカ戦)と土曜の親善試合(リオ・アベ戦)が行われるポルトガルへの旅行をしない



キャプテンのマヌエル・パブロは、

我々はまだ解決策を待っている。我々は、物事は休暇期間中に固まるつもりだと思ったが、彼らは決断をしなかった。
2日が残っている。我々はまだ解決策を待っている。
我々は状況への解決策がない場合、ポルトガルへの旅行はしません。
 我々は水曜日の朝に物事が前に修正されていない場合は、旅をすることはありません。」

アランスビアは、
「我々は今では完全な支払いを求めているわけではない。これからの賃金の支払う保証が完全であればいい。我々はそれを待っています。」

最後にマヌエル・パブロは付け加え、
「サッカーはこのようなものですし、管理者等は我々を批判もすることが出来る。
しかし、これは我々の権利である。この問題は半年前からの問題だ。賃金が支払われない場合は降格もあり得ることは我々は知っている。」


クラブの存続に関しては数週間前に無くなった。
デポルティボは来季もクラブを続けることが出来る。
しかし、賃金未払いを31日までに解決されない場合はペナルティとして更に下のカテゴリへの降格が現実を浴びてくるはずだ。


広告を非表示にする