DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

遠い勝利/ LIGA BBVA 第14節 Deportivo la coruña - Real Betis


.....Distant victoria



LIGA BBVA 第14節 Deportivo la coruña - Real Betis
勝利が遠い。
最近の試合の中ではかなり積極的な展開で攻撃は機能していた戦い方をしていた。前半早々のリキのチャンスやバレロンクロスバー直撃のシュート等、今日は勝てると思えた試合だった。

しかし、ベティスは狙っていた。元デポルティボのルベン・カストロを全く抑えきれなかった。クロスをフリーに上げさせ過ぎる、そしてフリーで打たせてしまうデポルティボ守備陣は今日も健在だった。元デポルティボに決められることは屈辱で仕方がない。
早くも苦しい展開で2点のビハインドを背負った。


しかし、デポルティボリアソールの力を発揮し始める。今季のバルセロナ戦で見せたような粘りのサッカーを披露。それを得点という結果に繋げたのは今季、好調の波が激しいリキだった。1点目はラウレのクロスにヘディンで、2点目はゴール前の混戦から足を延ばしてゴールへ流し込む。
同点劇!!これがデポルティボだ!!これがリアソールだ!!サポーターは声を枯らし声援を送る。DEPORTIVO ALE!!! DEPORTIVO ALE!!!
後押しを受け攻勢に出る。

しかし、サイド攻撃を起点に押し込むも決めれない時間帯が続く。


すると徐々にベティスペースへ。カウンターがハマりだしたベティスデポルティボからボールを奪い、サイドに開いたキャンベルへ。そしてキャンベルが技ありのコントロールシュート!
決まった!ゴラッソだった。。。アランスビアも届かなかった。
一気にリアソールは沈黙。項垂れるデポルの選手たち。76分に起きた悲劇。

試合終了間際に良い位置でのFKを獲得する。ピッツィが蹴るも壁に当たり試合終了。


これで公式戦4試合勝ち無し。順位も19位と降格圏へと入った。
遠い勝利。得点数はリーガ全体で6位であるものの、失点数がリーグ全体の2位。
決める時に決めれず、大事な時に失点するということだろう。この負のスパイラルはいつ抜け出せるのか。

次節はアトレティコ・マドリー戦。現在2位の手ごわい相手である。次節はアイタミが累積警告で出場停止という困難。どう乗り越えるかデポルティボ



Goles:  (0-1)ルベン・カストロ 39、(0-2)ルベン・カストロ 55、(1-2)リキ 56(今季5点目)、(2-2)リキ 60(今季6点目)、(2-3)キャンベル 76


Deportivo la coruna: アランスビア、ラウレ、アヨセ、アイタミ、ロデリック(71" ボディポ)、アベル・アギラル、アレックス・ベルガンティノス、ブルーノ・ガマ、バレロン(80" カムニャス)、ピッツィ、リキ

Real Betis: アドリアン、チカ、アマジャ、ドラド、ナチョ、ベニャト、カニャス、モリナ(67" ルベン・ペレス)、サルバ・セヴィージャ(63" ヴァディージャ)、ホエル・キャンベル(87" ノサ)、ルベン・カストロ

Amarilla: アイタミ(今季5枚目)、アベル・アギラル(今季4枚目)、アヨセ(今季3枚目)

Roja:


Árbitro: カルロス・セロ・グランデ

Estadio:  リアソール(27000人)

Foto: LaVos de Galicia




広告を非表示にする