DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

辛うじて首位 / LIGA ADELANTE第21節 Deportivo la Coruña - Girona

Apenas se líder.


辛うじて首位。とても納得できるような試合ではなかった。この試合で前半戦を折り返す。

点が取れない理由の一つとしてはクリオの移籍問題にある。この試合の前にファン・クリオはUAEへと旅立ったからだ。クリオを失ったデポルティボは攻撃の供給源を失い、いつものようなパスを使った攻撃が出来なかった。
代わりに入ったのはファン・カルロス。バレロンの後継者としてファブリルでは期待されていたが、この試合は実力が発揮出来なかった。バレロンやクリオといったビッグネームのプレッシャーに負けてしまったのか。
56分にはアリスメンディと交代させられる等、本人も納得できるパフォーマンスではなかっただろう。

クリオが居ない中でも久しぶりにスタメン起用され、及第点以上の活躍をしたのはルディだった。得意のドリブルから何度もジローナの守備陣を切り裂き、決定的な場面も作り出した。

21位と下位に居るジローナもフエラながらいつもと違うデポルティボの隙を突き、何度かチャンスを作り出していた。
決定的だったのはマルチェナインスアが重なりあいボールを見失い、相手選手のドリブル突破からあわやゴールかと思ったシーン。(ギリギリでルクスがシュートに触り、辛うじてポストを叩いた。)
明らかにクリオの離脱はチーム全体に困惑を作っていたのかもしれない。

ジローナのゴールキーパーであるベセーラの好セーブ連発もあったものの、優位に立っていたのはデポルティボ。決める時に決めなければこれからは痛い目に合う。
試合はスコアレスドローに終わったが、辛うじて首位をキープ。前半戦のチャンピオンになった。

しかし、この状況が続くようであれば首位陥落、プレーオフ圏外もありえる。後半戦の立て直しが課題だ。

次節はラス・パルマス戦。あのバレロンとアイタミがリアソールに戻ってくる。

Deportivo la Coruña:ルクス、ラウレ、インスアマルチェナマヌエル・パブロ、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、ルディ(66' ルイス・フェルナンデス)、ファン・カルロス(56" アリスメンディ)、アントニオ・ヌニェス(76" パウロ・テレス)、ボルハ・バストン

Girona: イサアク・ベセーラ、イヴァン、ミグエ、リチ、ダビド・ガルシア、マタマラ、ティモル、ハンドロ(73" エロイ)、フェリペ、フンカ(64" ジョフレ)、ヘラルド(82" チャンド) 

Goles:
なし

Tarjeta Amarilla:
アレックス・ベルガンティノス(今季3枚目)
ハビエル・アリスメンディ(今季3枚目)
ラウレ(今季5枚目)

Tarjeta Roja:
なし



2ª División 2013-2014 - 21ª Jornada - RC... 投稿者 sertrual
広告を非表示にする