DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

課題が多い。/LIGA ADELANTE第29節 C.D Mirandés - Deportivo la Coruña

Los desafíos son muchos.


 2014.3.8 18:15-(26:15-/JP) Anduva

多すぎて手におえない。
サイドの選手の負傷と欠場、得点力不足、ヒヤヒヤする守備の連係等々。

今季は下位に位置しているミランデス相手に大苦戦。相手のカーサで行われたとはいえ、応援団が多く駆けつけた試合でまたしても収穫は少なかった。
試合終了間際に得点して勝ってきたここ数試合の奇跡も今節は叶わず、成すすべなく負けたことに等しい。

ミランデスのハイプレッシャーと序盤から積極的に仕掛ける攻撃に、ずっとひるんでしまったことが大きい。ボールをしっかりキープ出来るはずのファン・ドミンゲスやラベージョには強いプレスが掛かり、なかなか自分達のボールに出来なかった。

ミスも続き結局はアレックスがペナルティエリア内で相手選手を倒しPKを与える。それをインファンテが決めてこれが決勝点となった。


今季、顕著に表れているのが得点力不足。攻撃陣の軸となって安定して得点を奪う選手が少ない。ボルハ・バストンに関しては及第点ではあるが、消えている試合も多く改善が必要である。
前半戦は活躍していたルイス・フェルナンデスも最近はメンバー落ちも多く、トチェが代わりに入っていることが多い。
トチェはトチェで大事な試合で結果を出しているものの、ポストプレー等の献身的な動きが少ないように感じる。
デポルティボの主となるサイド攻撃が機能していないこともあるが、フエラでの試合はもっと積極的なプレスを仕掛けることでもっと多くのチャンスを増やせるはずだ。

首位のエイバルは引き分けたものの、デポルティボが負けた為に勝ち点は1と開いてしまった。デポルティボを追走するレクレアティボやスポルティング・ヒホンとは勝ち点3差であり、1試合でひっくり返る可能性大だ。
1試合の取りこぼしが命取りになる今季、次節リアソールでのバルセロナB戦こそしっかり勝っておきたい。


C.D Mirandés プリエト、フラーニョ、カネダ、コラール、コイキリ、イバン・アグスティン、ムネタ(91' ゴイリア)、イリオメ、イゴール・マルティネス(60' インファンテ)、ロイス、ムヒカ(54' ガルメンディア)

Deportivo la Coruña  ルクス、ラウレ、マルチェナインスア、セオアネ、ウィルク(67' ヌニェス)、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、ファン・カルロス(67' シソコ)、ラベージョ(80' ボルハ・バストン)、トチェ

Goles:
(1-0) パブロ・インファンテ (PK) 79' 

Tarjeta Amarilla:
ラウレ(今季7枚目)
ファン・カルロス(今季2枚目)
ウィルク(今季4枚目)


広告を非表示にする