DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

結局は、問題点は守備。/LIGA BBVA第26節 Deportivo la Coruña - Sevilla

Foto: La Vos de Galicia
Después de todos, el problema es la defensa.


 2015.3.7.16:00-(24:00-/JP) Riaor(21555人)
Foto: La Vos de Galicia
問題点は明らかであり、今季ずっと言っている。

守備 である。

26試合42失点という結果はラージョ、レバンテ、エルチェに次いで多い数字であり、更には得点も少ないという現状では、残留争いに最後まで絡んでしまう危険性が高い。
というより、必ず絡んでしまうだろう。

守備面で悪いのは失点の仕方が酷いということ。プリメーラのレベルではない守り方を今節も露呈してしまった。特に2失点目の取られ方は何ともあっさりとしすぎている。一気に逆転を許してしまった。
監督就任からもう6ヶ月ほど経っている。攻撃の連携面等ではそれなりの成果が出ている。現に怪我から復帰した後に及第点以上の活躍を見せているルーカス・ペレスはデポルティボの核となる存在になりつつある。

しかしながら、守備面ではシドネイ、インスア、ロポの中心となる中央のデフェンサはまだバタついている。おまけにファールを危険地帯でおかしてしまうのも戴けない。
今節もインスアペナルティキックを献上してしまったのである。

Foto: La Vos de Galicia
問題点は多くあるものの、今節は良い面が何度か見られた。

特に得点を4試合ぶりに獲得したこととオリオル・リエラが2得点の活躍を見せたことである。
取るべき選手が待望の得点を取ったことは非常にポジティブに捉えるべき要素である。
地味ながらしっかりとペナルティエリア内でしっかりと顔出して、隙を見て取った2点は非常に実りがあると思える。本人もひとまず安心したことだろう。

しかし、結果は負け。負けは負けである。勝ち点3を獲得するまでまた足踏み状態。
次節は4位のバレンシア
前半戦はサプライズ的な勝利を奪った相手である。
良いイメージで試合に臨むことが出来れば勝利も見える。

サポーターは勝ちを待っている。

Deportivo la Coruña  ファブリシオファンフラン(80' ホセ・ロドリゲス)、シドネイ、インスア、ルイシーニョ、セルソ・ボルヘス、アレックス・ベルガンティニョス、イサク・クエンカ(73' エウデル・コスタ)、ルーカス・ペレス、カバレイロ(62' ファリーニャ)、オリオル・リエラ

Sevilla セルヒオ・リコ、ナバーロ、フィゲイラス、コロジエチャク、パレハ、ビダル、イボラ(61' エムビア)、クリホヴィアク、ビトロ、バネガ(78' デニス・スアレス)、バッカ(61' ガメイロ)

Goles:
(1-0) オリオル・リエラ 29' (今季初得点)
(1-1) ビトロ 32' 
(1-2) ビトロ 52'
(1-3) ガメイロ 65'(PK)
(2-3) オリオル・リエラ 72' (今季2点目)
(2-4) シドネイ(O.G) 83'
(3-4) ルーカス・ペレス 93'+ (PK) (今季4点目)

Tarjeta Amarilla:
パブロ・インスア(今季6枚目)

Tarjeta Roja:
なし


広告を非表示にする