DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

素晴らしい活躍! /LIGA ADELANTE第7節 Hércules - Deportivo la Coruña

Grande!! tenga una participación activa!!


2013.9.29 12:00-(19:00/JP) Jose Rico Perez(7000人)
今季はフエラに強いのか。カーサではなかなか勝てないものの、フエラでは好調を維持している。
特にエース・ストライカーのボルハ・バストンは良い補強をしたと言える選手だ。


試合は開始早々こそ、エルクレスの効果的なサイドチェンジからピンチを迎えるも、守備陣がきちんとクリア。この試合、終始守備陣が集中していた印象があった。

ピンチの後にはチャンスあり。前線に放り込まれたボールにファン・カルロスがキープし溜める。後ろを向きながらもボルハ・バストンのポジションに意識をしていたことで、後ろのスペースへスルー。
それに反応したボルハがオフサイドトラップを掻い潜り、落ち着いて冷静に流し込んだ。先制!!

先制点を取り、更に勢いづく。スローインからボルハが相手を背負い反転。その勢いでシュート!相手に当たりボールの軌道は変化し、そのままゴールへ吸い込まれた。追加点!!
ボルハ・バストンはサバデル戦以来の2得点で今季4点目を挙げた。

一方、エルクレスにもチャンス。アレックス・ベルガンティノスがペナルティ・エリア内でハンドを取られPK。蹴るのは元デポルティボ・ファブリルのストライカーであったディオニ。しかし、大きく枠を外す。
ディオニの成長に懐かしさも感じながらも、ヒヤヒヤした場面だった。ディオニもまだまだだな。

エルクレスもこのままではいけないと、後半からベテランのポルティージョ、元バルサBのガイアスリン、更にデ・ルーカスと癖のある選手を投入。ボールが回り始めた。エルディンの縦横無尽の動きに苦戦し、何度かピンチを迎える。しかし、守護神ルクスがゴールを許さない。

しかし、好調だったデポルティボに暗雲が立ち込める。ボルハがボールを取りに行こうとした際に脚を負傷。まさかの交代となってしまった。
デポルティボにとっては非常に痛い負傷だ。交代にはルイス・フェルナンデスが入った。

この後、試合は大荒れ。デポルティボを捕まえきれないエルクレスはイライラしてるからか、エスカッシがルイスに肘打ちをしロハで一発退場。更にはアマリージャが両チームに数枚ずつ出てしまう。


結果はそのままで試合終了。
荒れたものの2連勝を飾ったデポルティボ。次節のミランデス戦も勝利といきたい。ボルハの怪我が心配だ。


Hércules  ファルコン、フェレイロ、エスカッシ、ジュステ、ボルハ、ペーニャ、シソコ(46" デ・ルーカス)、フォント(46"ガイ・アスリン)、エルディン、アドリアン・サルディネロ(46" ポルティージョ)、ディオニ

Deportivo la Coruna  ルクス、ラウレ(50" セオアネ)、アレックス、インスアマヌエル・パブロ、ファン・カルロス、アリスメンディ(50" カカ)、クリオ、ウィルク、ファン・ドミンゲス、ボルハ・バストン(76" ルイス・フェルナンデス)

Goles:
(0-1) ボルハ・バストン 23"(今季3点目)
(0-2) ボルハ・バストン 34"(今季4点目)

Tarjeta Amarilla:
ラウレ(今季初)
アリスメンディ(今季初)
クリオ(今季4枚目)
ルイス(今季初)


広告を非表示にする