DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

第19節レアル・ソシエダ戦プレビュー


1月13日現地時間17:00から(日本時間25:00から)第19節レアル・ソシエダ戦が行われます。

アノエタでは2006-2007シーズン以来勝っていないとのこと。デポルティボは今季初のフエラでの勝利を目指すと共に、降格圏を脱する為に奮起することでしょう。
今季のソシエダは強い。司令塔シャビ・プリエトを先頭に完全移籍したカルロス・ヴェラや若手有望株のアントワヌ・グリーズマンを中心とした攻撃が特徴。カンテラ上がりの選手が多く、結束力が非常に良いチームなだけに、ハマったときの強さは半端ないと確信している。

一方、デポルティボはピッチ外のことの騒動が多くチームの存続が心配されることが多いですが、前節マラガに勝利してことで、チームは勝つことに飢えています。まだまだ降格圏脱出には勝ち点が必要なだけに、選手の意識だけでなく監督の采配も重要なカギになるでしょう。


デポルティボ召集メンバー:

Porteros:アランスビア、ルクス

Defensas: マヌエル・パブロ、ゼ・カストロマルチェナ、アイタミ、エヴァウド、シルビオ

Centrocampistas: アレックス・ベルガンティノス、アンドレ・サントス、ヘスス・バスケス、パウロ・アスンソン、ピッツィ、ブルーノ・ガマ、カムニャス、バレロン

Delantero: リキ、ネルソン・オリベイラ

怪我で召集外なのは、アヨセ、ラウレ、サウル。ドミンゲスとセオアネは技術的な面で呼ばれず、アベル・アギラルは前節でアマリージャが5枚貯まったことにより、累積によって出場停止。
新しいフォーメーションで活路を見出したパシエンシアですが、今回はバレロンをメディア・プンタに置いたいつもの形になると予想されます。
しかし、タイミングを見ながらスタイルを変えることも予想されます。更に新加入のアスンソンシルビオの投入にも注目です。




広告を非表示にする