DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

立ちふさがった壁/ LIGA BBVA第24節 Sevilla - Deportivo la coruña

interponerse en el camino de Muros


LIGA BBVA第24節 Sevilla - Deportivo la coruña

3-1で負けた。デポルティボはサンチェス・ピスファンで敗戦した。
しかし、以前の試合よりポジティブに捉えられるシーンが多かったように思える。今は結果だけが重要かもしれないが、内容としては特に後半は悪くはなかったように思える。


前半開始5分。いきなりラキティッチに先制を許す苦しい展開。今季は早い時間帯に先制されるシーンが多すぎる。ここを変えていかなければ何も変わらない。

バスケス新監督就任で何か変わった跡を残したいデポル。しかし、いかんせん全体的にボールが上手く回せない。相手の早いプレッシャーでボールを取られ、ずっとボールを支配されたまま。
27分にはメデルにゴールを奪われ、2点目を許す苦しい展開。

しかし、デポルも一瞬の隙を突く。ブルーノ・ガマのクロスにスライディングで飛び込んだリキ。シュートを放つもベトに弾かれる。しかし、そのこぼれ球に反応したアベル・アギラルがボールを奪い折り返して、飛び込んだリキの足元へボールを流す。リキはそれを押し込み1点を返す。
リキは今季9点目。渾身のゴールだった。
更に続けざまにリキはチャンスでコントロールシュートを放つもクロスバーの上。同点にはならず。


しかし、デポルはまたやられる。10分後、セビージャのアルベルトのクロスに走りこんだメデルが今日2点目を決めて3-1と試合を決める。
デポルの選手たちはまた項垂れてしまった。


しかし、後半のデポルは少し違った。このままズルズルと試合をして負けてしまう癖がこの試合には見られなかった。

守備と中盤の連携やプレッシングの甘さなどで何度もピンチは迎えるもアランスビアがセーブ。
それに奮起してか攻撃陣も攻勢に出る。
まずはピッツィ。右サイドからドリブルをしかけシュートも狙うもサイドネット。
更に、シルビオのクロスにフリーで反応したブルーノ・ガマがヘディングシュート!!!!しかし、ベトのパラドンで止められる!!惜しい!!

リキとサロマオが交代。そのサロマオが久しぶりの出場で奮起する。
コーナーキックを得たデポルはサロマオが蹴る。蹴ったボールにフリーで反応したネルソン・オリベイラがヘディング!!!!!入った!!と思ったもののまたしても、ベトという壁が立ちはだかる。

決めていれば同点にも持ち込めた試合だった。しかし、ベトという壁は大きかった。

確かに負けたものの少し希望が見えた気がするのは私だけか。
次節はリアソールレアル・マドリー戦。ここで結果を出せばチームは一気に駆け上がれるはずだ。頑張れ。



Goles:  (1-0)ラキティッチ 5 、(2-0)メデル 27 、(2-1)リキ 31(今季9得点)、(3-1) メデル 41


Getafe ベト、コケ(45" ボティア)、ファシオ、スパイッチ、アルベルト、メデル、コンドグビア(78" ステバノビッチ) レジェスラキティッチ(70" マヌ・デル・モラル)、ナバス、ネグレド


Deportivo la coruna: アランスビア、シルビオ、カカ、ゼ・カストロエバウドアベル・アギラル、アレックス・ベルガンティノス(56" バレロン)、ブルーノ・ガマ、ピッツィ、アスンソン(65" ネルソン・オリベリラ)、リキ(75" サロマオ)

Amarilla: アスンソン(今季2枚目)、アベル・アギラル(今季8枚目)

Roja

Árbitro: テイシェイラ・ヴィティエネス主審

Estadio: サンチェス・ピスファン(27000人)

Foto: La Vos de Galicia



広告を非表示にする