DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

私たちは立ち上がる。/ LIGA ADELANTE第27節 A.D.Alcorcon - Deportivo la Coruña

Levantarse.

2014.2.23 12:00-(20:00-/JP) Santo Domingo
前半にウィルクに代えてロポを投入した時に、あなたは"この監督は何を考えているのか?"と思ったに違いない。しかし、監督の采配は的中し見事勝利までも収めた。

アルコルコンのカーサであるサント・ドミンゴに乗り込んだデポルティボは、フエラの試合でありがちな消極的な試合を今節もまた続けてしまう。

決定的なチャンスさえも無かったが、左の良い位置からのフリーキックにファン・ドミンゲスが直接ゴールを狙い入れて先制。幸先の良いスタート!!...だと思った。
しかし、わずか1分後にアルコルコンアンヘルに素晴らしいシュートとゴールを許す。突き刺さった綺麗な弾道は、傾いていたデポルティボの流れを真っ二つにするかのようだった。

後半はとても暗く灰色な雰囲気が漂う内容であった。どちらもパスは繋げど攻撃のバリエーションに乏しく得点イメージも無い。一向に流れすら来ないデポルティボはアントニオ・ヌニェスやラベージョを投入する。しかし、特に変わりはなかく時間が過ぎていく。

だが、後半最後のチャンスであったコーナーキック。蹴ったボールはヌニェスが頭で合わせ左へ流す。それに飛び込んで押し込んだのはロポ!! まさに采配的中。献身的な守備もこなすベテランのディフェンサが試合を決定づけた。

後半途中は勝利の意識が無いのかと思うくらいな試合運びだったが、選手たちは諦めていなかったのである。

やたらと笛とカードが飛び交う試合でストレスが溜まっただろうが、3試合ぶりの勝利がデポルティボを再び立ち上がらせた!..かもしれない。
エイバル戦の試合結果によるものの、現段階でデポルティボが暫定首位!!次節のエルクレス戦に向けて再びデポルティボは走り出す。

※ エイバルが引き分けた為に、勝ち点46でレクレアティボ、エイバル、デポルティボが並んだ。得失点差でエイバル、デポルティボ、レクレアティボの順で順位が決まった。

A.D.Alcorcón ダニ・ヒメネス、センドロス、セラン、バビン、アンヘル・サンチェス、ルベン・サンス、ジョニー、アントニオ・マルティネス、フリ(82" ダニ・パチェコ)、ハビート(74" フェルナンド・サレス)、オスカル・プラノ(58" ビトン)

Deportivo la Coruña  ファブリシオ、ラウレ、マルチェナインスアマヌエル・パブロ、ウィルク(38" ロポ)、アレックス・ベルガンティノス、サロマオ(66" アントニオ・ヌニェス)、ファン・ドミンゲス、ルイシーニョ、トチェ(83" ラベージョ)

Goles:
(0-1) ファン・ドミンゲス(今季3得点目)  11'
(1-1) アンヘル 12'
(1-2) ロポ(今季初得点) 90'+

Tarjeta Amarilla:
ラウレ(今季5枚目)
パブロ・インスア(今季9枚目)
ロポ(今季初)
マルチェナ(今季4枚目)
ルイシーニョ(今季6枚目)
ウィルク(今季3枚目)


サント・ドミンゴに駆けつけたサポーター達。素晴らしいデポルティビスタですね!


試合ハイライト。
広告を非表示にする