DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

番外編 あれから2周年。minuto de silencio



minuto de silencio.

黙祷。

東日本大震災で亡くなられた方へ哀悼の意を表し、黙祷を捧げます。



3月11日、14時46分、日本は祈りを捧げる人たちで溢れました。
黙祷。2年前のちょうどその時間帯、福島県を中心に襲った地震津波。犠牲者が1万8千人以上と最悪の事態となった東日本大震災

復興ではなく未だに復旧も目途が立たない場所もある。放射線物質が漏れ出し被災者の皆さんは今も苦しい生活を送っています。



私自身、長崎県出身でありまして直接影響はありません。今は長崎県外にいて西日本に居ます。でも、この日が近づくととても息苦しくなります。


なぜなら長崎には8月9日があるからです。
私は8月9日の長崎原爆の日を一度も楽観視やどうでもいいと思ったことはありません。
それと同じ気持ちで東日本大震災も忘れてはいけない、風化してはいけないと思っています。

視点は違うかもしれません。でも、私にできることは何なのかと考えた、無力に近い私でも出来ることは無いのかと考えたら、とにかくこの日を風化させてはいけないとそう思ったのです。


いつも、このブログではデポルティボのことを書いています。いつもサッカーのこと書いているこのブログで震災のことを書くのは、忘れてはいけないという気持ちから記録として残したいから。


もし、東日本大震災の影響を受けた人の中にデポルティビスタがいるならば、私はその人の為に情報を伝えていきたい。サッカーを通してちっぽけだけど、少しでもデポルのプレーを観て元気出してほしいと今日を迎えてより一層思いました。



もし、東日本大震災で影響を受けたデポルサポの方がおられましたら是非、コメントください。


私はこの日を忘れないと共に、サッカーに出来ることはないかを考えてこれからも更新していきます。


広告を非表示にする