読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

特に何も言うことはありません。/ LIGA BBVA第27節 Valencia - Deportivo la Coruña

Foto: La Vos de Galicia
No tango nada en particular que decir.

2015.3.14 20:45-(28:45-/JP) Mestalla(?人)
Foto: La Vos de Galicia
支配率は50%。
互角だというのにデポルティボのシュートの合計は5本。その内、枠内シュート数が2本。

今節は攻撃まで持っていく機会がほとんどなかった。特に後半は何をしていたのか?というくらいにバレンシアのペースで終わった。

前半45分は本当に守備陣は頑張ったと言える。
ネグレド、ピアッティ、ロドリゴなどの迫力ある攻撃をよく耐えきった。バレンシアの攻撃陣がシュートを外してくれたおかげもあるものの、結果オーライ。これで耐えきってカウンターを狙う作戦で行きたかった。
Foto: La Vos de Galicia
行きたかったのだが、後半に入りファンフランペナルティエリアに入ったバレンシア選手をファールで止めてしまいPKを与えてしまう。
冷静な判断でこの試合、シュートブロックをしていたファブリシオもさすがに止めることが出来ず、パレホがPKを決めてバレンシアが先制。

デポルティボはこれ集中力が切れてしまったのか、攻撃へ繋ぐ意識が徐々に無くなっていく。
オリオル・リエラを早々に交代させたことで前線でタメを作る選手もいなくなり、結局個人技とロングボールを多用した攻撃に終始。
交代で入ったファリーニャ、クエンカ、ドミンゲスは特にインパクトを残すことはなかった。

そして、バレンシアは復帰したパコ・アルカセルが早速得点を決めてバレンシアが追加点。あとは時間が経つのを待つだけとなった。
Foto: La Vos de Galicia

そんな中、この試合で印象に残ったのはルイシーニョだ。
ひたすら果敢に左からドリブル突破をしかけてどうにか打開を試みていた。良い確率で成功していたものの、その前にいたカバレイロの判断ミスが目立ち、チャンスを潰されることもあった。

これで5試合勝ち星が無い。
暫定で順位は変わらず16位。しかし、下にいるレバンテは同じ勝ち点、アルメリアは勝ち点1差、グラナダは勝ち点3差と降格圏に入りこもうとしている。
他の試合結果によるが、次節勝たないと本当に危ない。
次節はリアソール。勝てそうな試合をものにして勝ちに行くしかない。


Valencia ディエゴ・アルベス、ガジャ、オタメンディ、ベソ、バラガン、エンソ・ペレス、アンドレ・ゴメス、ダニ・パレホ(84' デ・パウル)、ロドリゴ(67' フェグリ)、ピアッティ、ネグレド(71' パコ・アルカセル)

Deportivo la Coruña  ファブリシオファンフラン、ロポ、シドネイ、ルイシーニョ、アレックス・ベルガンティニョス、セルソ・ボルヘス、ホセ・ロドリゲス(72' イサク・クエンカ)、ルーカス・ペレス(81' ルーカス・ペレス)、イバン・カバレイロ、オリオル・リエラ(53' ルイス・ファリーニャ)

Goles:
(1-0) ダニ・パレホ 60' (PK)
(2-0) パコ・アルカセル 72'


Tarjeta Amarilla:
イバン・カバレイロ(4枚目) 
ルイシーニョ(8枚目)

Tarjeta Roja:
なし

広告を非表示にする