DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

熾烈な残留争い!!デポルティボが残留する方法。

今季のLIGA BBVAの残留争いは熾烈を極めている。
残り2節の段階で、残留の望みがあるチームが4つもある。

第36節終了時の順位は、
16位 アルメリア 32p
----------------------
18位 グラナダ 31p
19位 エイバル 31p
20位 コルドバ 20p

コルドバは降格が決定している。

その為に残りの降格枠は2つ。
この枠には絶対に入りたくない!!

その為にも残り2節、デポルティボが残留する方法を考えてみた。




1.絶対条件としてレバンテに勝つこと


これは必須である。次節、リアソールで行われるレバンテ戦に絶対に勝利を収めなければならない。
勝ち点3を獲得するためにも、次節はリアソールを満員にさせる為にチケットが格安で手に入れることが出来る特別なサービスまで行っている。


リアソールの大きな大きな声援を力にデポルティボは勝ち点3を手に入れることが条件となる。

2. 他力本願

最終節のバルセロナ戦はカンプ・ノウ。実に手ごわい。勝つことが理想的ではあるが、負けもしくは引き分けが良いところだろう。
勝ち点1を獲得出来ることを予想に入れておきたいが、敗戦して勝ち点を得ることが出来なかった場合、残留を争っているライバルの失速を願うしかない。


よって、デポルティボの予想最終勝ち点は34もしくは35となる。


3.ライバルチームの日程で勝ち負けを予想する


第37節の組み合わせはこちら。
セビージャ - アルメリア
デポルティボ - レバンテ
レアル・ソシエダ - グラナダ
ヘタフェ - エイバル
コルドバ - ラージョ・バジェカーノ

更に最終節である
第38節の組み合わせはこちら。
アルメリア - バレンシア
バルセロナ - デポルティボ
グラナダ - アトレティコ・マドリー
エイバル - コルドバ

全ての試合が全てを狂わせる可能性がある。1チームずつ見ていく。

アルメリア: 予想最終勝ち点32(33)
セビージャとバレンシアという実に強敵が残っている。どちらもCLとEL圏内での争いを繰り広げている為に、容易に勝ち点を与えてはくれないだろう。
2試合で勝ち点は0、もしくは良くても勝ち点は1だろう。よって、最終的には勝ち点32もしくは勝ち点33で終えるだろう。
それから、たたみ掛けるように移籍金未払い問題でアルメリアは勝ち点を3ポイント失う可能性もあり、それも非常に残留へ厳しい条件となっている。

グラナダ: 予想最終勝ち点31
ソシエダアトレティコ・マドリーという相手はアルメリア同様に苦しい対戦カードが続く。
勝ち点の計算が出来そうなのはソシエダくらいか。勝ち点1をもぎ取る可能性がある。
これを32までに延ばすとアルメリアと勝ち点で並ぶことも考えられる。
しかし、アノエタで強いソシエダ相手では、現実的に31で留まる可能性の方が高い。

エイバル: 予想最終勝ち点34(35)
比較的に楽な相手に恵まれているのがエイバル。ヘタフェとコルドバという対戦相手は勝ち点を取れる可能性が高い。
コルドバには勝ち点3を取れることが出来るだろう。確実に34まで伸ばすことが出来る。
意外と重要なのがヘタフェ戦。
6試合勝ちが無いエイバルがヘタフェ戦で引き分けると勝ち点35まで伸ばすことが出来るのが、デポルティボとしてはやっかいな点となりそう。

コルドバ: 予想最終勝ち点20
最下位のコルドバラージョ・バジェカーノとエイバルが対戦相手。どちらもコルドバにとっては苦しい相手。
もしも最終節でプリメーラで一矢報いるべく、エイバルに勝ち点3を取るようなことが起こるならば、残留争いに更に嵐を呼び込むことだろう。


予想最終順位:
16位: エイバル 35p
17位  デポルティボ 34p
-----------------------
18位 アルメリア 32p
19位 グラナダ 31p
20位 コルドバ 20p

私の予想はこのようになった。
毎シーズン、熾烈な残留争いは番狂わせを起こす可能性を大いに秘めている。
今季はどんなドラマで幕を閉じるのか。


とにかくデポルティボが残留することが絶対条件である。
残留の為にも必至で応援したい。

広告を非表示にする