DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

激戦の引き分け/ LIGA ADELANTE第10節 Deportivo la Coruña - Real Zaragoza

Empate del una feroz lucha

 2013.10.20 12:00-(19:00-) RIAZOR(22000人)

ライバルに相応しい、激戦を演じた。最高の雰囲気だったが、主審が試合を壊しかけていた。

序盤からサラゴサがボールを持てばブーイング、デポルティボがボールを持てば歓声の完全ホーム。
ボルハ、クリオ、アリスメンディ、ルディの攻撃陣がサイドを使いながらサラゴサのゴール前まで迫る。
一方のサラゴサのバルケロの正確なパスやモンタニェスの早さを武器にデポルティボのゴールへ向かう。

しかし、リアソールがここから雰囲気が変わる。まず、リアソールブルーズの応援に対して審判が注意を促す、更に何が原因だったのか分からないが判定にキレてしまい物をベンチに向かって投げたバスケス監督が一発退場。監督は怒りながら自ら観客席へ上がった。



監督が居なくなった中でもチームは乱れなかった。デポルティボのキャプテン、ラウレを筆頭にチームを引っ張った。経験値も非常に高いラウレはここぞというところで、大外からサイドを駆け上がり攻撃参加。そして、守備でも奮闘。圧倒的運動量でサラゴサに脅威を与えていた。
しかし、チャンスはあるものの得点が決まらない。

一瞬の隙だった。コーナーキックからサラゴサのビクトルに決められ失点。ここまで封じていたが先制を許す。

不穏な雰囲気がチームに流れ出す。サラゴサにも押し込まれつつある中、ルイシーニョが不要なファールを犯し、この試合2枚目のアマリージャで退場。
万事休すか?!


だが、まだ希望があった。
試合終了間際、サラゴサペナルティエリア付近でデポルティボはファールを貰う。
クリオとルディがセット。クリオが蹴る!!
ボールは左スミのクロスバーに直撃!!!ボールは跳ね返る!
そこに詰めていたのは、ボルハ・バストン!

同点ゴール!!!

奇跡の同点ゴール。


この息詰まる戦いは引き分け。この決着はサラゴサのカーサで。
後半戦が非常に楽しみな試合が1つ出来た。


デポルティボは4位に。引き分けたものの5試合負けなし。次節のテネリフェ戦は勝ちに行きたい。

Deportivo la Coruña:ルクス、ラウレ、インスア、アレックス、ルイシーニョ、ウィルク(78" ルイス・フェルナンデス)、ファン・ドミンゲス、クリオ、ルディ(90" マヌエル・パブロ)、アリスメンディ(53" アントニオ・ヌニェス)、ボルハ・バストン

Real Zaragozaレオ・フランコ、ダビド・コルテス、アルバロ、パレデス、アブラハム、モビージャ(61" シドンチャ)、ホセ・マリ、バルケロ(66" タルシ)、ビクトル・ロドリゲス、アンヘロ・エンリケ、パコ・モンタニェス

Goles:
(0-1) ビクトル・ロドリゲス 79"
(1-1) ボルハ・バストン 90+1"

Tarjeta Amarilla:
インスア(4枚目)
ラウレ(3枚目)
クリオ(5枚目)次節出場停止
ルイシーニョ×2 (2枚目)次節出場停止
ルクス(2枚目)

Tarjeta Roja:
フェルナンド・バスケス監督
ルイシーニョ(今季初)



広告を非表示にする