DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

正念場


残留に向けて負けられないデポルティボ。第28節から第30節の3試合は非常に大事な試合となる。

デポルティボの試合日程:
第28節 セルタ(casa)
第29節 マジョルカ(Fuera)
第30節 サラゴサ(casa)

3試合はなんと、残留へのライバルが対戦相手だからだ。

現在の順位は
18位 マジョルカ 24
19位 セルタ 23
20位 デポルティボ 17


17位のサラゴサの勝ち点まで届くにはまず、この3試合に必ず勝利をすることだ。そうすれば勝ち点は26となる。


セルタの試合日程:
第28節 デポルティボ(Fuera)
第29節 バルセロナ(Casa)
第30節 ラージョ(Casa)
一方、セルタがデポルにガリシアダービーに負けると勝ち点は23のまま。29節はバルセロナであることを考えるとよっぽどのことが無い限り23のままだろう。すると、セルタは29節でデポルと勝ち点で並ばれる。


マジョルカの試合日程:
第28節 レアル・マドリー(Fuera)
第29節 デポルティボ(Casa)
第30節 バルセロナ(Fuera)
マジョルカは次節はレアル・マドリーと。ベルナベウということを考えればマドリーの勝利は手堅いかもしれない。そして、29節にデポルティボ戦。もし、デポルがマジョルカに勝利するとなると勝ち点差はデポルが23、マジョルカが24となり1差に。しかも、マジョルカは30節にバルセロナ戦であることを考えれば、勝ち点を延ばすことが難しい可能性が高い。


サラゴサの試合日程:
第28節 セビージャ(Fuera)
第29節 レアル・マドリー(Casa)
第30節 デポルティボ(Fuera)
一番やっかいなのはサラゴサである。28節のセビージャ戦の結果次第で勝ち点を29とされてしまう可能性がある。現在16位のグラナダが勝ち点27であるので、ギリギリ降格圏から脱せない。それを防ぐためにもセビージャに勝利を期待したい。もし、サラゴサが敗戦し29節に臨むことになっても相手がマドリーである。マドリーがへまをしない限り勝利は手堅い。
そして、30節は勝ち点26への直接対決でデポルティボと戦うというシナリオ。



この予想は引き分けは考えていないので、ライバル同士が引き分けをするとまた微妙にデポルティボが上に行くことが厳しくなる。

まずは、デポルティボが3試合を全て勝利で収めること。それが一番の条件である。

次節、ガリシアダービー。必ず勝利を!







広告を非表示にする