DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

来たぞ!!首位!! /LIGA ADELANTE第33節 Real Madrid Castilla - Deportivo la Coruña



¡¡Bravo!! ¡¡DEPORTIVO, líder!!

2014.4.5 18:15-(25:15-/JP) Alfredo Di Stefano
快勝!!!
長いシーズンの中でこんなにも充実した試合はない。今季は苦しい戦いを強いられながらも粘り強く上を目指してきたかいがあった。
今節、敵地で2得点を取って勝利を収めた。
会場には200人ものデポルティビスタが駆けつけた。一致団結したお馴染みのチャントが敵地でありながら聞こえてきた。

この試合の不安要素だったのはインスアとアレックスの離脱の穴とマルチェナの怪我の具合だった。同行はしたものの試合開始直前にマルチェナが怪我の影響でスタメンから外れた。

悲観的な印象を受けたが、代わりに入ったマヌエル・パブロがセンターに入るという策が見事に良い方向に的中した。
経験からくる落ち着きと冷静さで守備ラインを統率。今季の特徴である固いディフェンスは健在で前半から試合のペースを掴んだ。

復帰したルイシーニョや徐々にフィットしてきたシソコ、そして司令塔として健在するラベージョの攻撃的中盤の選手が良いパフォーマンスを披露した。
それから、毎試合お得意のラウレの右サイド攻撃からファールを誘い、フリーキックを貰う。

そのフリーキックのチャンスをファーサイドに居たファン・ドミンゲスがしっかり頭で合わせ先制!!



後半は前半とは逆でカーサでは負けられないカスティージャが反撃に出る。ラウル・デ・トマスを中心に攻撃を仕掛けるも最後の砦であるルクスが見事なポジショニングとセービングで得点を許さない。安定している為に落ち着いて見ていられる。
終始、攻められていたデポルティボだったが、一瞬の隙を見逃さなかった。

中盤のパス交換から前線へ一本のロングパス。それに反応して抜け出したのは交代出場で入ったイフランだった。出てきたゴールキーパーをかわし、更にディフェンダーに競い勝ち、無人のゴールに流し込んだ!!追加点!!
移籍後初得点はチームを勝利に導くゴールだった。

そして、試合終了!
負けられない戦いの中で今節は良い試合内容だったと言える。マヌエル・パブロとルクスを筆頭とした安定した守備から、ラベージョやシソコを中心に中盤が試合を支配する。そして、新加入選手が得点を取る活躍。非常に充実した試合だった。

この試合は土曜日に行われた試合だった為に、暫定首位というポジションだった。
しかし、日曜日のサラゴサ対エイバルの試合でサラゴサが勝利を収めた。

これで勝ち点が逆転し、エイバルを抜いて遂に首位に単独浮上した!!


この位置を渡すわけにはいかない。
次節は3位に浮上してきたレクレアティボとリアソールでの決戦!!
日本時間19時にキックオフである。白熱の試合を見逃すな!!


Real Madrid Castilla パチェコ、キニ、ジョレンテカブレラ、カサド、ブルギ(61' ハイメ)、アクサ、マスカレル(46' バルケロ)、ホセ・ロドリゲス、ルーカス・バスケス、ラウル・デ・トマス(56' ソブリーノ)

Deportivo la Coruña  ルクス、ラウレ、ロポ、マヌエル・パブロ、セオアネ、ウィルク、ファン・ドミンゲス、ルイシーニョ、シソコ(71' ヌニェス)、ラベージョ、ボルハ・バストン(64' ディエゴ・イフラン)

Goles:
(0-1) ファン・ドミンゲス 23' (今季4点目)
(0-2) ディエゴ・イフラン 83' (今季初得点)

Tarjeta Amarilla:
ロポ(今季3枚目)
ウィルク(今季6枚目)


広告を非表示にする