DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

新しいガリシアダービー


ガリシアダービーと言えば、セルタ・デ・ビーゴとの激しい戦いが思い浮かぶ。実際に、昨シーズンは白熱した戦いをLIGA BBVAで見た。
しかし、ガリシアダービーは1つではない。今シーズンのLIGA ADELANTEでもガリシアダービーがある。

2013年11月30日に39年ぶりのガリシアダービーが復活する。
ガリシア州ルーゴ県のCDルーゴと30日にリアソールで激突するのである。



1974-75シーズン、共にテルセーラディビジョングループ1に居たデポルティボ・ラ・コルーニャとルーゴ。
第1戦は1974年12月15日、リアソールにて2-1で勝利し、第2戦は1975年4月27日、アンヘル・カロ(ルーゴのホームスタジアム)にて1-0で敗戦した。
このシーズンはデポルティボ・ラ・コルーニャは勝ち点56で優勝。ルーゴは勝ち点46で5位で終えた。

その後、リーグ戦で合いまみえることは無かった。




今季、久しぶりに対戦するルーゴにはデポルティボ・ラ・コルーニャに馴染みのある選手が多い。
ルーゴもガリシア州の地域ということもあり、元デポルティボの選手やア・コルーニャ出身の選手が多く在籍している。

カルロス・ピタ(写真右) 元デポルティボカンテラ出身の選手。ア・コルーニャ出身。Bチームでも活躍した。

パブロ・アルバレス(写真左) Tibu(鮫)の愛称で知られたオビエド出身のミッドフィールダー。ゴールパフォーマンスも鮫のポーズを披露。デポルティボには4年間在籍し、重宝した右サイドの選手。

イバン・ペレス(写真中央) サンティアゴ・デ・コンポステーラ出身のミッドフィールダーデポルティボBで主に在籍し、2009-2010シーズンの1シーズンながら時々、トップチームにも招集された選手。

他にも、元ファブリルのゴールキーパーのダニ・マッジョ
ア・コルーニャ出身(アメス)のフェルナンド・セオアネも在籍している。(デポルティボ在籍経歴は無い)


30日は彼らの戦いでもある。リアソールで激突する新しいガリシアダービーに注目したい。









広告を非表示にする