DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

数日間の動向。


お久しぶりです。私事でブログを更新できずにいました。色々と忙しかったもので、今年は管理人本人が度々忙しい時期があるかと思いますが、デポル好きはもちろん変わりませんので気長にお待ちいただければと思います。

久しぶりの更新は、ここ数日間のデポル情報を。


・ 上記写真の選手は期待のカンテラ、アルバロ・レモス。彼は7月24日の練習中に怪我を負ってしまった。26日に検査を受けた結果、彼は全治6ヶ月という大怪我となってしまった。才能が埋もれてしまうのは残念すぎる。是非、無理はせず完全に回復して帰ってきてほしいと思う。私たちはレモスを待っています。

・ 元デポルティボに所属していた選手たちの今季の移籍先が決まっています。

懐かしい顔です。2006年にデポルティボにやってきたアドリアン・ロペスロドリゲス"ピスク"、通称ピスクがアメリカのMLSチーム、モントレアル・インパクトに移籍することが決定しています。センターバックとしてトップチームでもプレー経験があった選手ですが、クラブとの契約トラブル等でウィガンへ移籍していました。

更に、昨季プレーしたポルトガル代表の選手であるピッツィはベンフィカへ、ネルソン・オリベイラはレンヌへの移籍が成立。どちらともレンタル加入であった為にシーズン終了後は元々居た所属先にレンタルバックしていました。

・ 昨季、フベニルAでプレーしていた韓国人選手のジェ・ヨンユンがテルセーラのララチャCFへのレンタル移籍が成立した。


・ 昨季、ファブリルで正ゴールキーパーとして君臨していたマルク・マルティネスがデポルティボを離れることを決定した。今季はルクスが契約を更新し、アランスビアが移籍する可能性があった為にトップチームの2ndゴールキーパーとして期待されていたが、モンフェルテでのメンバーに彼の名前は無かった。監督は彼のパフォーマンスに納得が出来なかった模様。更に、今になってもアランスビアの移籍話は進展しない状況であり、ファブリルでは後継のゴメスが主力として扱われる可能性がありと彼の居場所は今のデポルティボに無い状況である。彼は、自身のTwitterデポルティボとの決別と2年間の感謝をつぶやいている。

「私の故郷ではないこの土地で私に優しく歓迎してくれた選手やクラブやファンの感謝したい。特に私にチャンスをくれてプレーをさせてくれたサンバデコーチやバスケス監督には感謝してもしきれない。私は心の底からデポルティボの復帰を願っています!!!」



広告を非表示にする