DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

我らのキャプテン/ LIGA ADELANTE第31節 Real Zaragoza - Deportivo la Coruña

Capitán de nuestra.


2014.3.23 12:00-(20:00-/JP) La Romareda(12000人)
苦しいときに頼りになる人物こそがキャプテン。スペイン語ではカピタン。

デポルティボのカピタンを務めるラウレアーノ・サナブリア・ルイス"ラウレ" は今季大きな活躍を見せている選手の1人であることに間違いはない。
前節のバルセロナB戦でもハードなラテラルというポジションながら上下に動き、攻守に渡りチームを牽引していた。得点こそ奪えなかったが非常に輝かしく見えた。
その輝きは衰えることが無い。今節も同じように走り回りサラゴサの守備陣をかき乱していた。そして、ドミンゲスとのワンツーパスから得点も奪った。今季初得点がチームを勝利に導いたのである。

カンテラ生え抜きの選手がこうやって活躍できている事実。デポルティボカンテラが着実に成功へ進んでいる証拠にもなる。今季徐々にチャンスを掴みかけているセオアネも今節は積極的に前へ前へと仕掛け、得点のチャンスを演出もしている。彼もカンテラ出身者だ。

それから、新加入選手も輝きを放った。特に冬の移籍でやってきたシソコは持ち前の速さを生かしたドリブルを武器にサイドを制圧。交代するまで非常に良い動きを披露していたし、数週間前にデポルティボに移籍してきたイフランもデポルティボデビューを果たした。

こうやって、カンテラと新規選手の融合で強くなっていくことが、これからのデポルティボの理想の形であることは違いない。
今節は少しその片鱗を垣間見ることが出来たはずだ。

新守護神のルクスの安定感も勝利への決め手である。彼の果敢なセービングで何度も危機を回避している。これもこの試合で褒めるべき点である。

首位のエイバルも勝利を収めたことで、順位は変わらない。現在デポルティボは2位となっている。
次節は、前半戦で負けているテネリフェリアソールで対戦。この勝ちを継続し引き続き首位を
追いたいところだ。


Real Zaragoza レオ・フランコ、コルテス、アルバロ、ラグアルディア、リコ、アルソ(86' アントン・シェベツ)、パグリアルンガ、ハビ・アラモ(46' バルケロ)、ルイス・ガルシア、モンタニェス、ロヘール(46' ディエゴスアレス)

Deportivo la Coruña  ルクス、ラウレ、ロポ、インスア、セオアネ、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、ファン・カルロス(57' ウィルク)、シソコ(77' ヌニェス)、ラベージョ、ルイス・フェルナンデス(74' ディエゴ・イフラン)

Goles:
(0-1) ラウレ 29' (今季初得点)

Tarjeta Amarilla:
シソコ(今季初)
ウィルク(今季5枚目)

広告を非表示にする