読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

始まり! / LFP World Challenge. Independiente de Santa Fe - Deportivo la Coruña

Empieza!

2014.7.22 20:00-(23日10:00-/JP)

2014-2015シーズンが始動。プレシーズンマッチとしてLFPワールドチャレンジツアーに参加しているデポルティボは遠征先であるコロンビアでインデペンディエンテ・デ・サンタ・フェと試合を行った。

LFPが今年から企画したイベントの初戦として負けられない試合でもあったが、残念ながら敗戦した。
序盤から強めのプレッシャーをかけて相手のリズムを作らせないつもりだったが、残念ながらそれは数分で掻い潜られる。プレッシャーに慣れたサンタ・フェの選手たちはボールを次第に支配し回すようになり、逆にデポルティボの選手達が走らされている状態に陥る。

ローンから戻ってきたルディやこの試合21番を付けたファン・カルロスが積極的に動き回るも、結局、デポルティボのペースには試合終了までならなかった。

そして、14分にサンタ・フェは右サイドを突破しクロスを上げ、こぼれたボールをボレーで突き刺し先制する。

その後もセットプレー等から幾つかチャンスを作り上げていたが、試合は動かず1-0のスコアで試合は終了した。
この試合、ルクスが早々に負傷交代となったことがデポルティボとしては痛い。
彼の詳しい診断結果はまだだが、次戦は欠場予定である。


試合を観ていて思ったのは、改善点はいくらでもあるなという印象。
守備面での役割の確認や選手の距離感、攻撃へのビルドアップ等、まだこれからな部分が多かった。
気になったのは、ルディの雑なドリブル突破とデランテロが試合の大半消えていること。
心機一転で臨んだはずのルディだったが実に空回りしていた印象。それからトップに入ったボルハがほとんどボールに絡まずに消えていたことが気になる。居るのか居ないのか分からないのは一番ダメだ。


及第点はメディアプンタのファン・カルロスである。体幹が強くなった印象で身体を当てられても倒れにくくなった。それにより彼にボールが集まりパスも供給出来ていた。これからの成長に期待したい。

新加入のカネジャがデビューを果たした。ルイシーニョに代わってエストレーモ・イスキエルドに入った。しかし、まだこれといった印象は残していない。

それから、ファブリルから招集されたケイヘイロがトップチームデビューを果たした。
Twitterでも彼自身喜びを表している。
おめでとう!!ケイヘイロ!!

次戦は現地時間24日の20:00から(日本時間25日10:00から)、パスクアル・ゲレーロ・スタジアムにてデポルティボ・カリ戦である。
次は結果を出したい。


Independiente de Santa Fe バルガス、オタルバロ(68' モスケラ)、デ・ラ・クエスタ、メサ、ロア、アンチコ(71' アリアス)、トーレス、セイハス、ペレス(79' ロドリゲス)、モレノ(80' ミナ)、ランゲル(68' ジェロメ)

Deportivo la Coruña  ルクス(28' ファブリシオ)、マヌエル・パブロ(46' ロポ)、セオアネ、インスア、ラウレ、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス(74' ケイヘイロ)、ファン・カルロス、ルディ(72' トチェ)、ルイシーニョ(59' カネジャ)、ボルハ・バストン

Goles:
(1-0) セイハス 14'

Tarjeta Amarilla:
なし

Tarjeta Roja:
なし


foto: La Opinion Coruña.
広告を非表示にする