DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

奇跡は続く。/LIGA ADELANTE第28節 Deportivo la Coruña - Hércules

Milagro continúa.


雨のリアソールでの試合、出だしは好調だった。開始3分にサロマオのスルーパスに抜け出したトチェが決めて先制!

しかし、アシストを決めたサロマオが前半早々に負傷交代を余儀なくされる。相手のプレスから足を抑えながら倒れこみ、そのまま担架で運ばれた。
(診断の結果、今季絶望という最悪なシナリオになった。)
サロマオに交代にシソコが入った。サロマオに負けず劣らず積極的な攻撃参加とドリブルを披露した。


サロマオの交代にも負けずデポルティボは圧倒的な強さを発揮し始める。
19分にはラベージョの上手い切り替えしからのパスに、ファン・カルロスがしっかり決めて追加点。ベンチで燻ぶっていたであろうファン・カルロスの活躍は非常に嬉しい。先発起用にしっかりと応えた。

しかし、悪夢はここからだった。後半に入り数分後にエルクレスはポルティ―ジョを投入。ベテランの推進力からか嫌な位置でフリーキックデポルティボは与えてしまう。そのフリーキックポルティージョに決められ1点差
更に、ルイシーニョは線審に暴言を吐いたとしてロハの判定で一発退場。デポルティボは10人となってしまう。

そこを突いたエルクレスはクロスを何度も放り込む。対応に遅れたデポルティボ守備陣はエルクレスシソコにボレーを決められまさかの同点。
首位のエイバルが勝利している為に何が何でも勝利がほしい!しかし、今節は厳しいか・・


だが、選手たちは諦めてはいなかった。10人になろうと退場したルイシーニョ、負傷したサロマオの為にも勝たなければいけないと感じたのだろう。
交代で入ったセオアネが85分のチャンスにサイドを突破しクロスを上げる。
そこに飛び込んできたのはトチェ!!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOLLLL!!!

トチェの高い打点のカベサが決まり逆転!!

そして、試合終了。
リアソールが震えた。この劇的な幕切れにデポルティビスタは歓喜の嵐。
リアソールでは何かが起きると言われている。それは本当にそうだった。
しかも、今季の後半戦のデポルティボは終了間際の同点や逆転の試合が続いている。
その力なのか?

ハーフタイムには過去にエルクレスデポルティボで指揮を執ったアルセニオ・イグレシアス氏の功績を讃えるセレモニーが行われた。
Que Grande!!!

Deportivo la Coruña:ルクス、マヌエル・パブロインスア、ロポ、ルイシーニョ、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、サロマオ(6" シソコ)(68" セオアネ)、ファン・カルロス(59" ウィルク)、ラベージョ、トチェ

Hércules: ファンコン、ファンマ・オルティス、パマロ、エチャイデ(87" フォント)、ペニャ、ジュステ、シソコ、フェレーロ(77" 杉田)、デ・ルーカス、ガイ・アスリン(46' ポルティ―ジョ)、アスコラ

Goles:
(1-0) トチェ (今季3点目) 3"
(2-0) ファン・カルロス(今季2点目) 19"
(2-1) ポルティ―ジョ 51"
(2-2) シソコ 70"
(3-2) トチェ(今季4点目) 85"

Tarjeta Amarilla:
ラベージョ(今季初)

Tarjeta Roja:
ルイシーニョ(今季初)


広告を非表示にする