DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

勝利を必要としている。/LIGA BBVA第35節 Deportivo la Coruña - Villarreal

Foto: La Voz de Galicia
Necesitamos la victoria .

2015年5月2日22:00-(29:00-/JP) Riazor(20817人)
Foto: La Voz de Galicia
リアソールでの勝利はチームとサポーターを必ず勇気づけるだろう。
そう確信している。

だが、今節の試合は引き分け。
またしても勝ちは得ることが出来なかった。
しかしながら、ア・コルーニャ出身のルーカスは試合後にサポーターの所で駆け寄り、サポーターから叱咤激励を貰った。

私達はまだ諦める段階ではない。確実に残留に向けて1試合1試合大事にしている。
今節もこの試合に賭ける思いを感じ取ることが出来た。

ビクトル・サンチェス監督就任以来、短いパスを何本も繋ぎパスサッカースタイルで攻撃していく形はほとんど完成している。このスタイルに更に今までやってきたロングパスを多用した戦術が加わっていた。
そのパスはどこからでも。最終ラインのシドネイを中心に、前を向くならば前線のリエラの位置を確認して飛び道具のように飛んでくる。リエラもしっかりと反応して攻撃を盛り上げる動きを見せる。
一気にギアが入る感覚だ。

Foto: La Voz de Galicia
攻撃面はチャンスは作れども最後の精度が実に甘い。
ファンフランとルイシーニョを1つ前に挙げて、攻撃に徹した形は成功だったと思うが、クロスの質が低く、前線に顔を出すリエラやルーカスに届かない。
そこは本当に勿体ない。
ヘディングに強いリエラが要るにも関わらず、サイドから直結するゴールが少ないのは本当に惜しい限り。
ここの改善は急務である。

守備面でいうと今節は及第点以上の出来であると思う。
ラテラルに入ったラウレとマヌエル・パブロが特に効果的で、ベテランの経験により即座に危険察知をしていた。
特にラウレはサイドの上下運動には自信を持っているだけに、簡単にはへこたれないし冷静にボールを奪い、即座にクリアしていた。ラウレは今節のMVPであると言えるだろう。


このような良い部分を生かしては試合を進めていたが、結果は引き分けである。
これは真摯に受け止めるべきで、得点を取れていないのは本当に危険なことである。
他の試合も気になるが、まずは我々に必要なのは勝利。
勝利のみである。
それしか要らない。


降格と残留の境にいる現在の順位。
19位のグラナダが勝利した為、19位との勝ち点差はわずかに2に縮まった。
しかし、上のアルメリア、エイバルとの勝ち点差はわずかに1のままである。
何が起こるか分からないこの状況。

残留への望みがある限り、応援しつづけたい。
頑張れ!!デポルティボ!!

Deportivo la Coruña  ファブリシオ、ラウレ、シドネイ、ロポ(84' インスア)、マヌエル・パブロ、セルソ・ボルヘス、アレックス・ベルガンティニョス、ファンフラン(81' トチェ)、ルーカス・ペレス(46' ファリーニャ)、ルイシーニョ(71' クエンカ)、オリオル・リエラ

Villareal ファン・カルロス、ビクトル・ルイス、ジョキッチ(66' モイ・ゴメス)、マリオ、エリック・バイリー(74' ドラド)、トーマス・ピナ、ジャウメ・コスタ、トリゲロス、ホナタン・ドス・サントス、キャンベル、ジェラル(55' ビエット)

Goles:
(0-1) ジャウメ・コスタ 48'
(1-1) セルソ・ボルヘス 50' (今季3点目)

Tarjeta Amarilla:
オリオル・リエラ(今季2枚目)

Tarjeta Roja:
なし

広告を非表示にする