DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

勝利は我々のものだ/ LIGA ADELANTE第14節 Deportivo la Coruña - RC Mallorca

La victoria es nuestra

2013.11.17.12:00-(20:00-/JP) RIAZOR(22000人) 

しっかりとリアソール(Riazor)で勝ち点を挙げた。これでリーグ3連勝!!
全員で勝ち取った勝利といっていい。

デポルティボの監督でデポルティボを優勝に導いた経歴を持つホセ・ルイス・オルトラ監督がリアソールに帰ってきた。今でもデポルティビスタに人気な監督なだけに試合前にはサポーター(Deportivista)からサインや握手などを求められていた。

試合は序盤からマジョルカペース。オルトラ監督らしく攻撃的に攻める。その勢いで試合の流れを持っていきたかった。
しかし、今節のデポルティボは違う。特に前半はスタメン(equipo inicial)に復帰したアリスメンディが貪欲にボールに絡んでくる。
24分、パス(servicio)に抜け出したアリスメンディが激走。スライディング(barrida)でぎりぎりのところでクロスボール(centro raso)を供給。中に走りこんできたルイシーニョが勢いそのままにシュート(disparo)を打ち込んだ!
ゴール!(¡Gol!)嬉しい今季初ゴール。
そして、アシストをした(dar asistencia)アリスメンディの頑張りにもチームメイトが祝福をした。

流れを掴みたいマジョルカだったが、ジェロメウが2枚目のイエローカード(Tarjeta Amarilla)により退場。(Tarjeta Roja)マジョルカは早くも10人となってしまう。オルトラ監督も非常に渋い表情。

優位に立ったデポルティボコーナーキック(saque de esquina)からマルチェナがヘディングシュート(Cavesa)。キーパーが弾いたところにルイス・フェルナンデスが押し込んだ!!!ゴール!!ゴール!!(¡¡Gol!!)
ノリに乗っている若きストライカーが今季2得点目。ボール(pelota)は得点を取るべき選手のところに転がってくる。

前半を優位に進めたデポルティボ。だったが、後半にいきなり出ばなをくじかれる。マジョルカフリーキック(saque de falta)からビクトル・カサデススがヘディングシュート(Cavesa)を綺麗に入れて1点差に詰め寄る。不要な失点。

しかし、デポルティボはペースを持って行かれることなかった。56分、フリーキック(saque de falta)の折り返しにマルチェナがヘディング。シュート気味のボールはゴールへ吸い込まれる。相手選手がかき出すもボールは入っていたとしてゴールの判定!追加点!!(¡¡¡Gol!!!)

その後、マジョルカに裏を取られたり、あわやゴールかというシーン(オフサイド(fuera de fuego)の判定で助かる)もあったが、そのまま試合終了。支配率ではマジョルカに負けていたものの、決定力がモノをいった。

これで2位をキープ。
今節の順位はこちら。(数字は勝ち点)
1位 レクレアティボ 27
3位 ルーゴ 25
4位 コルドバ 23
6位 エイバル 22

混戦です。リーグは序盤ながら非常に面白い展開となっている。次節、首位となれるか?!
次節はアウェーでポンフェラディーナ戦です。

ちなみに、デポルティボの英雄、ファン・カルロス・バレロンラス・パルマスで今季2点目を挙げたそうです。おめでとう!バレロンさん!


Deportivo la Coruña:ルクス、セオアネ、インスアマルチェナマヌエル・パブロ、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、クリオ(89" ファン・カルロス・レアル)、アリスメンディ(66" アントニオ・ヌニェス)、ルイシーニョ、ルイス・フェルナンデス(77" ボルハ・バストン)

RC Mallorca: ミニョ、チモ、ジェロメウ(退場)、ビガス、ケヴィン、リベロア(64" マルコ)、トーマス、イニゴ(59" モレーノ)、アルファロ、ヘラルド(85" ヘイホ)、ビクトル・カサデスス

Goles:
(1-0) ルイシーニョ 24"(今季初ゴール)
(2-0) ルイス・フェルナンデス 32"(今季2得点目)
(2-1) ビクトル・カサデスス 47"
(3-0) マルチェナ(今季2得点目)

Tarjeta Amarilla:
アリスメンディ(今季2枚目)

Tarjeta Roja:
ジェロメウ(RC Mallorca)



広告を非表示にする