DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

光差す方へ。/LIGA BBVA 第36節 Deportivo la Coruña - Espanyol


Apuntando hacia la luz

LIGA BBVA 第36節 Deportivo la Coruña - Espanyol

奇跡の残留に向けて1つも落とせないという緊張感の中、デポルティボはやってくれた。フエラで完敗したエスパニョールに対して完勝。喉から手が出るほど欲しかった勝ち点3を手に入れた。
降伏なんてしない。まだ何も終わっていない。

前半。いきなりチャンスを作ったのはエスパニョールだった。クロスボールに合わせたストゥアーニのヘディングはクロスバー直撃。いきなり冷や汗をかいた。

デポルティボもブルーノ・ガマ、ピッツィの両サイドが果敢に攻撃参加しチャンスを作る。幾度となくワンツーパスから相手ペナルティエリア内に侵入しシュートを打つも得点にはならず。

お互いに均衡がやぶれない前半となった。



後半も攻勢に出たのはエスパニョールだった。ワカソは実に脅威で何度もデポルティボ陣内でチャンスを作られた。あわやゴールというシュートもシルビオが何とかかき出した!!

しかし、ピンチの後にはチャンスあり。
後半はサイドを入れ替えていたブルーノ・ガマが左サイドでボールを受ける。
そこから中へと切れ込む。得意の角度へドリブルした後に開いたシュートコースを見逃さなかった。
ブルーノ・ガマはそのままおもいっきり右脚を振りぬいた!!!!ボールはゴールへ一直線に突き刺さる!!

GOOOOOOOOOOOOLLLLL!!!!!!!!!!!!!! 

一気にリアソールは歓喜に包みこまれた。ブルーノ・ガマの真骨頂のシュートで先制!!バスケス監督も思わず走らずにはいられない!!

先制したデポルティボはここから猛攻。カウンターからリキが2度もゴールチャンスを作るも惜しくもゴールには結びつかない。。
マークされていたリキは本領発揮出来ず交代。ネルソン・オリベイラと代わる。

バレロンに代わり、カカを投入し守備布陣にしていたデポルティボ。これにより守備人数では優位に立つデポルティボはエスパニョール相手にシュートを打たせない、ボールを持たせない。

そして、チャンスが生まれる。後半アディショナルタイム、カウンターがきちっとハマり、前線のネルソン・オリベイラへスルーパス。それを受けたネルソン・オリベイラが冷静にループを決める!!

GOOOOOOOOLLLLLLL!!!!!
追加点!!!
奇跡の残留へ向けて選手、監督、サポーターは間違いなく一体と化している。間違いない。

ちなみに、ネルソン・オリベイラはパフォーマンスで上記の写真のようなポーズを取り、サポーターをなだめた。
このパフォーマンスがサポーターへの敬意を欠いているとして話題になっている。しかし、ネルソン・オリベイラは翌日にきちんとサポーターへ謝罪したいと会見で話している。

とにかく勝てたことは大きい。

この試合の後にあったサラゴサビルバオの試合は逆転勝利でビルバオが制した。
というこは、デポルティボサラゴサと代わり降格圏脱出!!!!ついにきた!!!

しかし、いつまでも浮かれてはならない。次節はフエラでマラガ戦。マラガはカーサではまずまずの成績を残している。しかしながら、勢いではデポルティボが優位なのは間違いない。
次節、デポルティボが勝ち、サラゴサが敗戦すればデポルティボの残留が決まる!!




Goles:  (1-0)ブルーノ・ガマ 50(今季6点目)、(2-0)ネルソン・オリベイラ 91(今季4点目)


Deportivo la coruna: アランスビア、マヌエル・パブロシルビオ、アイタミ、ゼ・カストロアベル・アギラル(64" アレックス・ベルガンティノス)、ファン・ドミンゲス、ブルーノ・ガマ、ピッツィ、バレロン(75" カカ)、リキ(79" ネルソン・オリベイラ

Espanyol: クリスティアンアルバレス、ハビ・ロペス、コロット、ラウル・ロドリゲス、ビクトル・アルバレス、バエナ(72" シマオ)、テヘラ(58" ゴメス)、ワカソ・ムバラク、ストゥアーニ、ベルドゥ(85" ペトロフ)、セルヒオ・ガルシア


Amarilla: マヌエル・パブロ(今季5枚目)、アベル・アギラル(今季11枚目)、バレロン(今季2枚目)


Roja: なし

Árbitro: ムニス・フェルナンデス主審

Estadio: リアソール

Foto: La Vos de Galicia y Vavel.com




広告を非表示にする