DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

候補者達の動向



デポルティボ新会長選挙に向けて、各候補者達が活動を行っている。その経過をお伝えする。


パコ・サス氏が会長選挙から離脱し4人の候補者から選ばれるようになる。まだ選挙は先だが各候補者達は精力的に活動をしている。


コンチャド氏
デポルティボの元法律顧問のコンチャド氏は10日火曜日の朝に全ての質問に答えることをソーシャルネットワークTwitterを使い知らせている。19時30分以降からハッシュタグである #GRCresponde と共に質問することで答えるとのこと。
同様に、12日木曜日の20時からクラブ マル・デ・サン・アモロ にて計画の中身を公開する。出入りは自由である。


ロペス・カスカジャル氏
デポルティボの会長選挙の若い候補者は10日の19時15分から記者会見を持った。(後日、会見の内容の記事を書きます。詳しくはそちらで。)


ティノ・フェルナンデス氏
上記の画像は"TinoBus" として知られている動くオフィス。バスを改造した構造でア・コルーニャ県の各地を回って宣伝活動を行っている。次の停留所はCulleredo(下記の地図参照)。
メンバー全員が質問にも答えてくれるそうだ。



アウグスト・レンドイロ氏
彼はまだ政策の中身等を伝える公式会見を行っていない。しかし、遂に来たる木曜日の20時30分からリアソールのプレスルームにて会見を行う予定であると発表。
以前はキャンペーンについての話は拒否をしていたが、アラベス戦後の会見にて
「私は会長としてではなく、候補者として」
と述べている。


※ 時間は全て現地時間となります

参考元:
広告を非表示にする