DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

ロティーナ「お互いの力は拮抗している。」


昨シーズン、ビジャレアル監督に就任するもまさかの降格となってしまったこの監督はデポルティボとセルタどちらのチームからも非常に思い出深い監督である。

2002年からセルタの監督に就任しセルタをリーグ4位、チャンピオンズリーグベスト16まで押し上げた。
しかし、成績不振となり途中解任。
更に、2007-2008シーズンではカパロスの後任としてデポルティボの監督に就任。奇跡の5バックフォーメーションを実践したり、現在ニューカッスル所属のシスコをブレイクさせたりと奮起するも2010-2011シーズンにデポルティボを降格へと導いてしまう。



そんな、現在無職のロティーナに今回のダービーについて語っていただいた。

― ダービーの思い出は?
セルタでの思い出はありますが、残念ながらデポル側からの思い出はありません。デポルでは勝ったことがないのです。
でも、セルタ側ではデポルにダービーで勝利した3日後にチャンピオンズリーグ出場権獲得を得たことがあり、それは今も良い思い出です。


― 今季のデポルティボの補強についてどう感じている?
コロットやグアルダドが去ったデポルティボに、私が昨季指揮していたビジャレアルのカムニャスとマルチェナが来た。彼らは非常に良い選手です。今すぐに評価するのは時期尚早だ。シーズンを通してみていきたいと思う。


― あなたは両チームが今季良いパフォーマンスをする?もしくは、悪いパフォーマンスになる?
一昨季のビジャレアルや昨季のレバンテの躍進を見てみてください。どちらにもその力はあると思います。それには多くの要因と運がかかっていますが。どちらも降格しないような戦術や多彩なテンプレートを持っているはずです。


― 日曜日のダービーについて。
ぶつかる両チームの力の差は拮抗している。どちらもアグレッシブに戦うだろう。
多くの得点の瞬間がみられるかもしれない。
どちらも弱点は持っている。それを外から言及するのは悪趣味ではないか。むしろ、弱点よりもどちらも多くの美徳を持っています。


― 個人的に注目している選手は?
セルタを知っているものとしてイアゴ・アスパスには注目している。彼は本当によくやっている。デポルティボはアランスビアやリキが素晴らしいレベルにある。マルチェナもそうだ。バレロンは重要なバックボーンとして君臨している。


― 今のオルトラ監督よりあなたが監督だったころのほうがダービーは楽しんでいたでしょうか?
チームの戦力や選手が違うので比較はできない。コロッチーニやベルドゥやフィリペやラフィタがいた私の時より選手は売却している。容易な比較はできない。


― 両監督についてどう感じている?
この2人は偉大な監督である。
オルトラ監督は若いが経験など不足しており下回る部分がある。
パコはベテラン監督であり、他のコーチなどとも関係が良好でセルタを楽しんでいる印象だ。


広告を非表示にする