DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

ルイス・フェルナンデスは未来の9番


12月22日でデポルティボBの今年の試合は終了しました。今季は昇格を目指し戦ったデポルティボB(ファブリル)でしたが、序盤から思うように勝ち星を取れません。

でしたが、救世主が現れるのです。

2012年2月12日に十字靱帯断裂という大怪我を負い、約8ヵ月という期間を乗り越えたルイス・フェルナンデス・テイヘイロでした。
10月28日のベタンソス戦で復帰すると、次の試合からファブリルは怒涛の5連勝を記録するのです。
その原動力となったのがルイス・フェルナンデスでした。

18節消化して出場した試合が8試合でスタメンが4試合、得点が6得点といきなりチーム得点王となったのです。
22日の今年最後の試合のナロン戦では2得点を決める活躍で逆転勝利に貢献。不振に喘ぐチームのまさに救世主となっています。


若手に投資した成果がようやく実を結び始めているデポルティボにあって、このようなニュースは嬉しい。デポルティボ・ファブリルだけでなく将来はトップチームを支える選手へと成長するのか、これから楽しみです。



広告を非表示にする