読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

リーガが再開。ラージョ戦に向けてのデポルティボの状況。

約2週間ほどの代表試合ウィークが終わり、LA LIGAが再開された。

第3節を迎える今節は、フエラの地でラージョ・バジェカーノと対戦することになる。
今季初の月曜日の日程での開催であり、デポルティボはバジェーカスに移動する前にアベゴンドにて調整を行った。
8選手が怪我人だったが5選手は回復しており、対戦に向けて良い傾向が見られる。

代表として離脱していた、メジュニャニンとセルソ・ボルヘス、ホナタン・ロドリゲスは問題なくチームに合流している。
負傷していた5選手についてはすでにチームの練習に参加している。
フェデ・カルタビア(内転筋)、オリオル・リエラ(ハムストリング)、ルイス・アルベルト(足首の捻挫)、ルイシーニョ(足首)、ファンフラン(足首の捻挫)、ファジルは問題は無いようだ。
しかし、リエラとルイス・アルベルトはプレーして良いような治療は受けていないのが少し心配である。

現在もまだ故障者リストに名前がある、ファブリシオ(膝)、マヌエル・パブロ(ハムストリング)、カニ(筋肉)はまだ出場出来ない。

新加入選手であるホナス・グティエレスは月曜日に合流し練習にも参加している。
おそらく、招集メンバーに名を連ねるだろう。

【LIGA BBVA 第3節】
9月14日現地時間20:30(日本時間27:30)



広告を非表示にする