DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

プレシーズンマッチ8試合目 Real Oviedo(セグンダB) - Deportivo la Coruña


前半:
アランスビア、ロチェラ、アイタミ、デアク、ラウレ、セオアネ、テレス、アスンソン、ファン・カルロス、ビチョ、ルイス

後半:
アランスビア、インスア、ウシオ、カカ、マヌエル・パブロ、アヨセ、テレス(76" シディベ)、アレックス、ファン・カルロス(75" アリスメンディ)、ビチョ(60" ロマイ)、ダニ・イグレシアス


Goles:
(0-1) マヌエル・ロマイ 85'

Tarjeta Amarilla:
カカ(PT1枚目)

Estadio:
ペペ・バレラ(2500人)

親善試合8試合目を6日に行ったデポルティボ。今回はフォーメーションを5-2-2-1の守備安定重視で臨んだ監督だったが、やはり攻撃の創造性には乏しかった。しかし、その中でもトップ下のポジションに位置したビチョは非常に活発な動きをしていた。それから、安定した守備の中でもデアクは好印象を残した。

試合当初はオビエドに押し込まれる時間だったが、時間が経つにつれボールを保持したが退屈な前半となった。

後半はほとんどのメンバーを交代したが布陣は変わらず、特に何も起こらなかった。しかし、ビチョをロマイと交代させた61分から試合が動き出す。75分に投入されたアリスメンディも良い流れに乗り、ロマイの決勝点をアシストした。

何とかチームは勝利を収めた。次戦は10日現地時間20:45から行われるヒル・ビセンテ戦である。


広告を非表示にする