DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

フェルナンドバスケス監督が契約を更新へ。


公式サイトによると、10日月曜日の現地時間19:15からフェルナンド・バスケス監督のデポルティボの契約更新の発表がある模様。

今季途中からデポルティボを指揮した監督は、12試合で5勝3分4敗という成績だった。
来季はリーガ・アデランテで戦うことによりチームの再建を早めに取りかかりたいということや、今季の成績なども加味して、監督との契約を更新する模様。

契約期間は2年。この2年でプリメーラ昇格が出来れば更に1年追加更新される。


皆さんの意見を聞かせてください。











明くる10日にフェルナンド・バスケス監督は正式に契約を更新しました。
契約内容は上記の通り。

今回の会見は契約更新の発表会見よりも、デポルティボの将来設計の為に主に時間を費やした。

レンドイロ会長とバスケス監督の発言は以下の通り。

・ 名付けて"アベゴンド・プロジェクト" ユース選手の積極的かつ慎重な人選での起用を示唆 
他クラブの若手選手起用での成功や自クラブで出てきたフランやホセ・ラモンなどの名選手が将来出てくることを願ってのこと インスアやテレス、レモスなど活躍している選手にはチャンスがある模様

・ 新シーズンの目標としては高いながらも、チームの再建をまず初めに着手することが第一。

・ 代理人ホルヘ・メンデスについて賛否両論があるものの、来季もクラブに貢献する模様 「彼はデポルティボとクラブ運営を愛している」

・ レンタルの選手と契約を延長する等はバスケス監督に委ねられる サロマオ、アンドレ・サントススポルティングに返還される可能性があるが、サロマオはデポルティボに居たいと言っている

・ 移籍の噂があるブルーノ・ガマはデポルティボに残ると会長は確信している

・ プレシーズンは7月5日から始まる予定



広告を非表示にする