DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

バレロン「私たちは次のことを考えている。」

バレロンは今朝、アベゴンドのプレスルームにて会見を行いました。デポルティボのカピタンとしてアトレティコ戦の敗戦について発言しています。

厳しい期間が続くデポルティボのカピタンはアトレティコ戦の敗戦をしっかりと受け止めています。
「我々は試合後、非常に悲しく傷ついた。敗北はやはり悲しいことで私たちが望んでいるほど物事は進んでいない。」



悲しさに打ちひしがれることは少しでいい。今は敗戦をしっかりと分析して立ち上がろうとしています。
「今は敗戦を受け止めて、次節のバジャドリド戦を考えることが大事です。バジャドリド戦以外何も考えていない。」
専ら今の目標は次節のバジャドリド戦に目を向けています。


守備のことについて尋ねられたバレロンは、
「私たちの弱点は守備にあるのは理解しています。それを改善するために更に努力しなければならない。」
明確な目標があります。デポルティボは守備をまず固めることを理解しています。


監督の将来について聞かれたバレロンですが、
「彼はデポルティボの希望に合った人です。そのためにも我々がしっかりと働くことが求められる。それが出来たならば月曜日は勝つことが出来る。」


リアソールの外の壁に落書きがされるという事件がありました。落書きされた言葉はこちら。
「Vergoña. Non deixaremos afundades us .」
もちろん気分が良いものではありませんでした。
これを受けてバレロンは、
「そのことについては知っている。だからこそ、私たちは試合で結果を出さなければならない。」



デポルティボのカピタンは勝利というプレッシャーを背負い、デポルティボを勝利に導くことに集中しています。






広告を非表示にする