DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

バルセロナ戦を考える。


2012年10月20日 現地時間22時(日本時間21日の早朝5時)から、第8節バルセロナ戦が行われます
バルセロナは現在首位。言わずと知れた世界屈指の強豪クラブです。

リアソールで迎える今回、バルセロナのトップチームと試合をするのは久しぶりです。厳しい試合となりそうです。大敗を喫する光景も浮かんできます。


しかし、弱気のままに試合に臨むよりまずデポルティボは良い試合を見せることから考えるべきだと思います。
デポルティボ指揮官オルトラ監督はレアル・マドリー戦、ラージョ戦でチームのパフォーマンスの低さに驚きと落胆を隠せませんでした。

試合を諦めずに、終盤でもボールを必死に追いかけていたか?必死に相手にくらいついていたか?

応えはノーです。

本当にサポーターには良い試合を見せてほしいと思います。
時にはリスクを負う覚悟で。



バルセロナは強い。でも、弱点はあります。
今回プジョル、ピケという守備の核がいません。これはチャンスです。
でも、攻撃陣は相変わらずメッシやイニエスタなどをそろえていますが、今週はチャンピオンズ・リーグを控えていることもありベストメンバーではないと考えられます。
バルセロナのパスサッカーは脅威ですが、そんなにおびえることはないと考えます。昨季バルセロナBと戦ってきていることを生かしてほしい。個々の能力はBとは違いますが、パスサッカーの本質は
同じだと考えます。
とにかく、デポルティボが前の試合より良い連携や攻撃を生み出せば勝てる相手です。


そんなデポルティボのメンバーは、
アランスビア、ルクス、ラウレ、エバウドマルチェナ、ゼ・カストロ、アイタミ、アヨセ、ファン・ドミンゲス、アレックス、アベル・アギラル、サロマオ、ブルーノ・ガマ、ピッツィ、カムニャス、バレロン、リキ、ネルソン・オリベイラ

デポルはベストメンバーが組めそうです。マヌエル・パブロは怪我の為に欠場。アベルは黄色信号でしたが招集メンバーに呼ばれています。

注目は左サイドバック。かなり低調な動きを見せるエバウドに代わってアヨセが今季初試合になる可能性があります。守備の貢献度としてはアヨセはエバウドより優れているので、もしスタメンでも安心してみることができると思います。


明日、土曜日はデポルがこれから上がっていくか下がっていくかどちらの道を辿るか、重要な1戦になりそうです。


広告を非表示にする