DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

デポルティボ・ラ・コルーニャ新会長にティノ・フェルナンデス氏が就任決定。


2014年1月21日(現地時間)、新会長選挙が行われ投票の結果、ティノ・フェルナンデス氏がデポルティボ・ラ・コルーニャの新しい会長に就任することが決定した。

おめでとうございます!

投票結果は下記の通り。

マヌエル・ロペス・カスカジャル氏 4.83%
ティノ・フェルナンデス氏 72.09%


以下、詳細。(時間は現地時間。)

18:52 会場はサンタ・マリア・デル・マール。会場準備が完了

20:35 会場には株主と候補者達が出席し始める。

20:45 開式。

20:58 候補者の1人目であるヘルマン・ロドリゲス・コンチャド氏がスピーチ。彼は投票を棄権することを発表。

21:04 アウグスト・セサル・レンドイロ氏が、ティノ・フェルナンデス氏を紹介する。

21:06 ティノ・フェルナンデス氏は6人構成の取締役会メンバーを発表。ティノ氏を含めた他5人は"Fernando Vidal, Juan José Jaén, Enrique Calvete, Oscar Ramos, Martín Pita"

21:16 候補者2人目、マヌエル・ロペス・カスカジャル氏が壇上でスピーチ。デポルティビスタへの感謝とレンドイロ氏への尊敬と感謝の言葉を改めてかけた。

21:20 取締役会の人数を決める投票が開始される。

22:04 開票。45000以上の投票により、6人での取締役会人数が承認される。

22:07 ティノ・フェルナンデス氏が再び壇上へ。
「レンドイロさん、本当にお世話になりました。感謝します。私たちはあなたが達成したことを決して忘れないでしょう。」
ティノ・フェルナンデス氏からの感謝の言葉に、レンドイロ氏は思わず涙を浮かべた。
その後、会場からはスタンディングオベーション。レンドイロ氏は立ち上がり会場の拍手に手を挙げて応えた。

22:16 マヌエル・ロペス・カスカジャル氏は投票を前に、ティノ・フェルナンデス氏を敬意し実質、敗北宣言をする。

22:19 レンドイロ氏が会場の観衆に向けて挨拶。
「今夜は私の為の夜ではありません。ティノ・フェルナンデス氏の為の夜です。」
彼はティノ・フェルナンデス氏を祝福し、最後は皆さんありがとうと言い、最高の笑顔をみせ
た。

22:31 新会長選挙を決める2回目の投票が開始。

23:22 投票結果。
マヌエル・ロペス・カスカジャル氏 4.83%、ティノ・フェルナンデス氏 72.09%
よって、第41代デポルティボ・ラ・コルーニャの会長はティノ・フェルナンデス氏に決定。

23:25 ティノ・フェルナンデス氏が再び挨拶へ。
「会長という座につけることに私たちは光栄を感じます。当方はデポルを見逃すことはないでしょう。我々の重要な課題はリアソールをファンで埋めたいということ。デポルティボの将来の為にはそれを願っている。」

23:29 レンドイロ氏とティノ・フェルナンデス新会長が抱擁。


23:31 式を終了。ティノ・フェルナンデスはこれから5年間はデポルティボの会長として就任します。

Ustreamで見ることが出来ます。

Video streaming by Ustream

Video streaming by Ustream
広告を非表示にする