DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

デポルティボ・ファブリル 移籍市場のまとめ。

イアゴ・ベセイロ

デポルティボB(デポルティボ・ファブリル)も冬の移籍で動きがあった。
まとめて紹介する。

まずは、放出。
今季の現チーム得点王だったイアゴ・ベセイロアストゥリアス地方のセグンダBのチーム、カウダルに移籍。彼は今季6得点4アシストと不振が続くファブリルを得点という形で率いていた選手だった。
今季が加入初年度ではなく、数シーズン前もデポルティボ・ファブリル出身の選手としてロティーナ監督時代にトップチームデビューを果たし、U-17スペイン代表にも選ばれた経歴もあった。
しかし、その後は鳴かず飛ばずウクライナのカルパティに移籍する等、不遇の選手生活を送った。今季ようやく戻ってきたイアゴ・ベセイロだったが、わずか半シーズンでファブリルを去ってしまった。

他には、ゴールキーパーロドリゴ・イグレシアス"ロドリ"が契約解除をして退団。
先日の記事でも紹介したようにパウロ・テレスもローン移籍で放出された。

以上の3選手である。


トンシ・ムハン

マルク・マルティネス

続いて、加入。
クロアチアハイドゥク・スプリトのユースから来た18歳のストライカー、トンシ・ムハン(Tonći Mujan)ポルトガルのレアル・スポルト・クルベからきたウィンガーミゲル・ヌニェス・カルドソオサスナBから来た21歳のフォワード、マルク・ニエルガとエルチェからレンタルで帰ってきたマルク・マルティネスの4人である。

今季の冬の移籍では抜けた選手の穴を的確に補強していることや、得点力不足に泣いている今季は少し多めにフォワードに重点に置いている。
個人的には、守備の立て直しに非常に貢献出来るマルク・マルティネスと優秀なカンテラ選手を輩出しているオサスナからやってきたニエルガには期待したい。


シーズンの後半戦のメンバーはこのようになっている。

ダビド・ゴメス、フェリペ・ラモス、マルク・マルティネス

トニ・インスア、ホルヘ・カジョン、ウシオ・マルコス、ロベール・スアレス、ステファン・デアク、エンリケ・フォルノス、アーロン・ラマ

ミッドフィールダー(Centrocampistas):
オマール・シディベ、アンヘル・フェルナンデス、アドリアン・マルティネス、アルバロ・ケイヘイロ、ホルヘ・ロマイ、マルコス・レメセイロ、ファンパ・バロス、ビチョ、ヘスス・カニサレス"カニ"、オスカル・ガルシア、ミゲル・ヌニェス・カルドソ

フォワード(Delantero):
アレックス・ペレス、アルバロ・レモス、ホセ・ベルトゥア"チーニョ"、ダニ・イグレシアス、マルク・ニエルガ、トンシ・ムハン


ファブリルの選手一覧も更新致しました。
?の部分が分かる方いらっしゃいましたら、是非コメントや連絡をお願い致します。


広告を非表示にする