DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

セルタ戦を考える。


ついにガリシアダービーがプリメーラに帰ってくる。
デポルティボはフエラのバライードスでセルタと激突する。
通算成績はこちらから。
デポルティボ召集メンバー:
アランスビア、ルクス、ラウレ、マルチェナ、ゼ・カストロ、アイタミ、アヨセ、ティアゴ・ピントエバウド、アレックス・ベルガンティノス、ファン・ドミンゲス、アンドレ・サントス、ブルーノ・ガマ、ピッツィ、カムニャス、バレロン、リキ、ネルソン・オリベイラ
デポルティボは怪我人以外はベストメンバーが呼ばれた。特に注目したいのが、赤文字で初召集を受けたティアゴ・ピント。エバウドの不調もあり左サイドバックでの活躍が期待されるポルトガル人であるが、今回はマヌエル・パブロの代わりとして召集された可能性が高い。
出場はなるのか。監督の采配にも注目。

セルタ召集メンバー:
ハビ・バラス、セルヒオ・アルバレス、ウーゴ・マジョ、カブラル、トゥネス、サムエル、ロベルト・ラゴ、ベルビス、アレックス・ロペス、ブストス、ボルハ・オウビニャ、アウグスト・フェルナンデス、デ・ルーカス、トニ、マリオ・ベルメホ、クローン・デリ、イアゴ・アスパスパク・チュヨン
こちらもほぼベストに近いメンバー。気を付けるのはクローン・デリ、アスパス、オウビニャ、アウグスト・フェルナンデス、カブラルか。
特に新加入ながら結果を出しているクローン・デリやスタメン出場を続けているフェルナンデス、カブラルは注目したい。クローン・デリの左からの突破に右サイドのラウレやガマがどこまで防げるのかが鍵。
あとこちらはデポルティボより昨季から培っている連携やパコ・エレーラ監督の熟成した采配や戦術を理解している選手が多い。バライードスというカーサの後押しも怖いところ。


広告を非表示にする