DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

とても好調です。/LIGA BBVA第14節 Deportivo la Coruña - Sevilla FC

Foto: La Voz de Galicia.
Es muy fuerte.


2015.12.5 22:00-(30:00-/JP) 25,013/Riazor
Foto: La Voz de Galicia.
リアソールでの試合、少しずつ調子を取り戻しつつあるセビージャとの試合は痛み分けに終わった。しかし、相変わらずの好調さで負けなかったことは評価したい。


オリオル・リエラが早期離脱。

表題は好調さをアピールしているが、この選手も実は好調だった。先日のコパ・デル・レイで今季初得点を挙げてこの試合にかけたオリオル・リエラ。しかし、彼はわずか11分の出場だけになってしまった。詳細は下記の動画を見て欲しい。画面左のほうを見ていただけると分かるが、リエラは走り出しているが、ここで足に違和感が発生してしまう。


非常に残念で仕方がない。不運過ぎる。でも、彼は心は折れないはずだ。必ず復帰してまた得点する姿を見たいと心から願っている。




Foto: La Voz de Galicia.

気の緩みからの失点。

セビージャを救ったのはイボーラだった。交代して入ってきたジョレンテと同じタイミングで投入されエメリ監督の采配が的中。ジョレンテの高さからの失点だった。デポルティボオフサイドとラップをかけるも、失敗し失点に繋がった。

2桁得点をこの段階で達成。

デポルティボで得点を決めたのはルーカス・ペレスだった。絶好調男デポルティボのストライカーは得点を10に伸ばした。なんと5試合連続のゴールであり、5試合連続ゴールをした過去の選手に、マカーイやトリスタン、ベベトなどが連ねている。ルーカス・ペレス、彼もまたビッグネームになる素質を持っていることを証明した。

Foto: La Voz de Galicia.

Foto: La Voz de Galicia.

守備陣の輝きが光る。

この試合で守備陣の奮闘が目立った。セビージャに押し込まれる場面が少なくなかったこの試合をしっかりと1失点だけで抑えたのは、アリーバスとシドネイのコンビが強固だったからだ。試合を追うごとにどんどん成長していく2選手。特にこの試合のアリーバスは元所属していたチームであったこともあり、試合への意気込みが違うように思えた。しっかりと結果を出したアリーバス。デポルティボでブレイクしつつある。

次節はバルセロナ

次節はカンプ・ノウにてバルセロナ戦。今月1番の大試合。好調のデポルティボがどこまでバルセロナに食らいついていけるかが鍵。昨季の最終節を思い出します。
ちなみ、モスケラが累積警告で出場停止となってしまった。アレックスとドミンゲスのカンテラコンビで試合に臨むのではないかと考えられている。



Deportivo la Coruña  ルクス、ファンフラン、アリーバス、シドネイ、ナバーロ、モスケラ、アレックス・ベルガンティニョス、カニ(60’ カニ)、ルイシーニョ(69’ ファイサル・ファジル)、オリオル・リエラ(11’ ホナタン・ロドリゲス)、ルーカス・ペレス

Sevilla FC リコ、マリアーノ、ラミ、コロジエチャク、エスクデロ、クリホビアク、エンゾンジ(71’ イボーラ)、ビトーロ(56’ フェルナンド・ジョレンテ)、コノプリャンカ(56’ レジェス)、クローン・デリ、ガメイロ

Goles:
(1-0) ルーカス・ペレス 22'(今季10得点目)
(1-1) イボーラ 76'


Tarjeta Amarilla:
カニ(1枚目)
モスケラ(10枚目)→次節出場停止。

Tarjeta Roja:
なし



広告を非表示にする