DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

てっぺんから落ちる。 LIGA ADELANTE第25節 Real Murcia - Deportivo la Coruña

Se caen de la superior.


2014.2.9.18:15-(26:15-/JP) Nueva Condomina

支配率が74パーセントと高い数字を残しておきながら敗戦するとは。
ボールの支配は出来てもそれをチャンスに繋げることが出来なければ、勝ちはない。

試合を観ていて思ったことは、全体的に前を向いてプレーが出来なかったということ。
ムルシアはプレッシャーをかけることを常に徹底していたことで、何度もデポルティボパスミスを誘った。

後ろに戻すしかないデポルティボは前を向けない。時々、向いていざ攻撃に向かったとしてもシュートコースが既に無く、堅い守備に阻まれる。更に、ムルシアの守護神カストのセービングもこの試合は常に好調だった。

ネガティブな面しかないデポルティボだがポジティブな面を挙げるならば、前線のボルハが体を張ったポストプレーやくさびで攻撃の変化をつけていたこと。マークが厳しい中で、確実な方法で攻撃の選択をして中盤の選手にシュートを打たせていた。自らも時々チャンスがあった時もシュートは狙っていた。

更に、ボルハの頑張りにルイシーニョやラベージョ、サロマオといった攻撃陣がドリブル等で仕掛けるところは効果的だった。相手のディフェンスラインを下げて優位に立とうと試みていた。
特に、その中でもサロマオは好調を維持している印象を受けた。何度も枠内に飛ばせるシュートを打っていた。

しかし、結局はネットを揺らさなければいけない。内容も悪く結果もついてこない試合だった。

他の試合の結果により、デポルティボは首位をエイバルに渡した。勝ち点は同じであるものの、得失点差で2位に転落。更に3位スポルティング・ヒホンと4位レクレアティボとの勝ち点差は2以内と完全に混戦模様。

次節は3位のスポルティング・ヒホンとの直接対決!
2月16日日本時間20時キックオフ!!

Real Murcia カスト、モリネーロ、アルカラ(87" アッキアリ)、ダニ・バウティスタ、アレックス・マルティネス、ドルカ、トリビオ(96" ウェリントン)、イバン・モレーノ、エディ、サウル(90" ミゲル・アルビオル)、キケ

Deportivo la Coruña  ファブリシオ、ラウレ(77" シソコ)、マルチェナインスア、セオアネ(77" ロポ)、ウィルク(64" トチェ)、アレックス・ベルガンティノス、サロマオ、ラベージョ、ルイシーニョ、ボルハ・バストン

Goles:
(1-0) ドルカ 41" 

Tarjeta Amarilla:
ボルハ・バストン(今季3枚目)
パブロ・インスア(今季8枚目)


広告を非表示にする