読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

その問題は彼を悩ませた。/LIGABBVA第18節 Levante - Deportivo la Coruña

Foto: La Vos de Galicia
El problema le dejó perplejo.


2015.1.9 20:45-(28:45-/JP) Ciudad de Valencia(9000人)
Foto: La Vos de Galicia
監督が座り込んでしまうほど、上手くいかない。戦術は浸透してきている。進むべき道は間違っていないと思える。しかし、勝てない。点が取れない。
フエラの試合ながら多くのチャンスを作り続けたデポルティボは、この試合に勝つべきで連勝するべきだった。そうすれば、チームは波に乗れたかもしれない。
しかし、現実は違う。これが今の実力。
引分けという結果で足踏み、とても勿体ないと感じている。

原因は何かと探るとカウンターアタック時の攻撃のバリエーションかと。いや、むしろ数的優位を作りながらも決定的機会を無駄なミスでつぶしている。
例えば、クロスの精度だったり空いたスペースを使わずに選手の密集地にボールを放り込む等。

メディアプンタに入ったクエンカ、イスキエルドのカバレイロ、デレチョのホセ・ロドリゲスの攻撃陣の動き自体は問題がなかった。しかし、ホセ・ロドリゲスはクロスをあさっての方向に飛ばす等のミスを連発。ボールを供給していたクエンカはスペースが空いていても、あまりホセ・ロドリゲスにボールを預けなかった。しかも、クエンカ自身もゴールが欲しくて個人技での打開に走っていた。

両者は少しかみ合わない部分があったものの、カバレイロだけはチャンスメイクや自らゴールを奪う姿勢等の両方をこなしていた。彼自身がデポルを率いていることは確かであり、あとは決定力だけ。もう一皮剥ければカバレイロは得点を量産できるはずだ。

それから、先日加入してきたオリオル・リエラが今節に初出場を果たした。ボールに触れる機会や印象的なプレーは無かったものの、これは嬉しいニュースである。

次節はバルセロナリアソールで迎える。デポルティボにとって正念場である。失うものは何もないといった精神でぶつかってほしい。もう多くの失点シーンは見たくはない。良い試合を期待している。


Levante マリーニョ、イバン(67' エル・サール)、ビントラ、ナバーロ、ニコス、シソコ、シマオ・マテ、モラレス、イバンシュイッツ(79' スメトラ)、カサデスス、バラル(67' ルベン)

Deportivo la Coruña  ファブリシオファンフラン、ロポ、シドネイ、ルイシーニョ、アレックス・ベルガンティニョス、ホセ・ロドリゲス(85' ラウレ)、ファン・ドミンゲス、カバレイロ、クエンカ(79' メジュニャニン)、トチェ(57' オリオル・リエラ)

Goles:
なし

Tarjeta Amarilla:
シドネイ(6枚目) 
アレックス・ベルガンティニョス(2枚目)
ロポ(8枚目)

Tarjeta Roja:
なし

広告を非表示にする