DEPORTIVO LA CORUÑA JAPÓN

スペインのプロクラブサッカーチーム「デポルティボ・ラ・コルーニャ」の情報を日本語でお届け致します。

あっさり脱落。 /COPA DEL REY3回戦 Real Jaén - Deportivo la Coruña

Adiós a la Copa

COPA DEL REY 2013.10.16 19:30-(26:30-/JP) Nuevo de la victoria(5600人)

捨て試合なのか?と疑いたくなるほど酷い試合内容だった。
コパ・デル・レイをあっさりと負けた。むしろ自滅に近い。

選手からイマイチ覇気が感じられないのは、慣れない5バックの布陣とポジション位置のせいか。
なぜか5バックの布陣で試したフェルナンド・バスケス監督。連携面ではハエンの方が優れているだけあって、終始ボールを支配していた。

明らかな停滞感。中盤でボールは取れない、攻撃陣が下がってボールを取りに行き、低いところから攻撃を開始する。それでは勝てない。技術面・経験面であきらかな経験不足が見られる前線はハエンディフェンス陣も怖くはなかっただろう。

なぜ、監督は早く手を打たなかったのか。明らかに調子が悪いテレスにウシオ。セオアネの右サイドの起用も過去の経験から失敗しているというのに。
カップ戦ではなくリーグに集中したいのか? それもわかるが、それを選手らに雰囲気で伝えてはいけない。

一方で、レアル・ハエンは非常に良いサッカーをしていた。前線で体を張れるホナのポストプレーは脅威。自らもゴールへと迫れる姿勢は何度もデポルティボのゴールを襲った。
中盤を支えるナンドやキトコのパスは正確で、非常に広くサイド攻撃を仕掛けデポルティボを揺さぶっていた。
結果は妥当だった。

これでデポルティボの今季のコパ・デル・レイは終了。なんともあっさりと負けた。これは反省すべき。

唯一、良かった点は新加入のアントニオ・ヌニェスがデビューしたことだ。やっと試合に出れたことにより、非常にのびのびとプレーしていた。


Real Jaén  レネ、セルバンド、マチェダ(61" マリオ・マルテス)、アルバレス、ケサダ(46" エスピノサ)、イスラエル、ナンド、キトコ、ホサベ、クルト、ホナ

Deportivo la Coruna  ファブリシオ、セオアネ、カカ、インスア、ウシオ(74" アントニオ・ヌニェス)、ルイシーニョ、マルチェナ(80" カニ)、テレス(74" ダニ・イグレシアス)、ファン・カルロス、ビチョ、ルイス

Goles:
(1-0) セルバンド 71"
(2-0) エスピノサ 78"


Tarjeta Amarilla:
セオアネ(コパ初)


広告を非表示にする